Streetsnaps:Stockholm Fashion Week Spring/Summer 2019

90年代後期のストリート感と2000年初頭のデザイナーズブーム再来の雰囲気が入り混じるスウェーデンの首都でストリートスナップを敢行

By
ファッション 

北欧での巡業を続けるファッションウィークがコペンハーゲンに引き続き、今度はストックホルムへと上陸。スカンディナビア諸国において、スウェーデンの首都がパリに匹敵するほどの洗練された感覚を持ち合わせた地であることは、2018年秋冬のストリートスナップでも証明されたわけだが、雪解けを迎えた今の季節は、90年代後期のストリート感と2000年初頭のデザイナーズブーム再来の雰囲気が入り混じる、非常に見応えのあるオフランウェイだった。

それでも〈Balenciaga(バレンシアガ)〉や〈Raf Simons(ラフ シモンズ)〉の根強い人気は今季も継続で、その他ではWu-Tang Clan(ウータン・クラン)のデニムパンツ、ヘヴィメタルのコンサートTシャツ、和をモチーフにした開襟シャツなどの個性的なアイテムを多数確認。また、フットウェアではYEEZY 500、Yung-1、〈Eytys(エイティーズ)〉のAngel、〈Buffalo London(バッファロー ロンドン)〉といったボリュームのあるスニーカーのトレンドが残る一方、〈Timberland(ティンバーランド)〉や〈Dr.Martens(ドクターマーチン)〉に象徴されるブーツの人気再燃が伺える。

そんな感度の高いストックホルムの業界人の姿をとらえたフォトセットは、上のフォトギャラリーから。あわせて、コペンハーゲンの地で敢行した2019年春夏シーズンのストリートスナップもお見逃しなく。

Read Full Article

What to Read Next

ロゴパロディーへの反応で注目を集めた米養豚企業がオリジナルの Supreme ファッションビジュアルを制作
ファッション

ロゴパロディーへの反応で注目を集めた米養豚企業がオリジナルの Supreme ファッションビジュアルを制作

本物の農夫たちを起用してふざけ半分で制作したかと思いきや、なかなかクールな仕上がりに

Supreme がロンドン旗艦店の看板を破損させた人物の特定に乗り出す
ファッション

Supreme がロンドン旗艦店の看板を破損させた人物の特定に乗り出す

犯人を特定した人にはボックスロゴのクルーネックを進呈

Pen & Paper:ローレン・サイ
アート 

Pen & Paper:ローレン・サイ

『テラスハウス』への出演で火がついたイットガールが語るアーティスト活動とモデル業の両立


アシッドハウスの生誕30周年を祝す adidas Originals 2018年秋冬コレクション
ファッション

アシッドハウスの生誕30周年を祝す adidas Originals 2018年秋冬コレクション

80年代に起こったウェアハウスパーティーのムーヴメントに焦点を当てた大胆かつカラフルなアパレル&スニーカーが登場

中国のクールな建築家集団 MUDA-architects による城東で最も美しい書店
デザイン

中国のクールな建築家集団 MUDA-architects による城東で最も美しい書店

一般的な書店とは一線を画し、目の前に広がる湖と調和する美術館のような空間

UPDATE:Nike が Air VaporMax 95 にもうひとつのOGカラー “Slate” を追加
フットウエア

UPDATE:Nike が Air VaporMax 95 にもうひとつのOGカラー “Slate” を追加

Air Max 95のセカンドカラー、通称“ブルーグラデ”が注目のマッシュアップモデルから登場(UPDATE:待望のリリース情報が遂に解禁)

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。