原宿の一等地に出現したストリート感満載の実力派うどん屋 麺散

オープン間もなくして業界人たちを魅了しまくっている原宿の新名所をご紹介

フード & ドリンク  

日本有数のショッピングタウンであり、流行/文化発信地としてもお馴染みの東京・原宿。若者で溢れるキャットストリートと東京の大動脈である明治通りに挟まれた裏路地のなかほど、原宿エリアのど真ん中に、香川県発祥の讃岐うどんを扱うニュースポット『麺散』がオープンした。

オープン間もなくして原宿人たちを魅了しまくっている『麺散』だが、その門をくぐってまず目に飛び込んでくるのが、高級日本料理を提供する料亭とアメリカの街中に佇むダイナーを融合させたかのような、“和洋折衷”という四字熟語では言葉足らずなほどに独特かつクールな店内空間。右側の壁には畳が縦に掛けられ、更にその上には「GELCHOP」によって製作された“仏迦袈(ぶっかけ)”の文字を模したネオンサインが。入り口横の柱にはタトゥースタジオ『THE PARLOR』に身を置くUEによるアートワークが額装され、店内最奥に位置する“和”な小上がり空間のカウンター奥の壁には〈Black Weirdos〉を手がけるタトゥアーの鎌田めぐむによって描かれた掛け軸が鎮座。さらに床に目をやるとKIDULTが製造した改造消火器スプレーが転がり、クリア素材の神棚には商売繁盛の御札と共に〈Supreme〉の花瓶が並び、トイレに入ると〈Evisen Skateboards〉から贈られたというスケートデッキが目に飛び込んでくるという“ストリート感”満載っぷりだ。

そして砥部焼や出西焼などといったこだわりの器で提供される肝心のうどんも抜群の出来栄え。最初からある程度熱を通し、オーダーが入った後に湯煎して出す“茹で置き”は『麺散』では一切せず、注文が入ってからいちから茹でるという拘りのもとに全てのうどんを提供。取材の際には、数々のメニューが並ぶなか讃岐うどんの基本となる“ぶっかけ”と“かけ(各450円)”の2つを頂いたのだが、小麦の香りをしっかりと感じさせる麺、讃岐うどん然としたコシと喉越し、薫り高い出汁が見事にマッチ。こう表現しては失礼かも知れないが、遊び心溢れる店内からは想像できない本格&実力派の一品であった。

そんな原宿のニュースポットを手がけるのが、26歳で炉ばた『岡田龍平』を立ち上げた後に売却、その後タコス専門店や鮨屋で修行を積み、2016年には各種メディアで取り上げられた中目黒のフィッシュバーガー専門店『delifucious』を企画プロデュースした岡田シゲル。そして料理を担当するのが、ご存知の方もきっと多いであろう新宿の名店『うどん 慎』にてメインでうどんを打ち、オープンに際して『麺散』へ電撃移籍した知久平桂だ。

原宿 一等地 渋谷 ストリート うどん屋 麺散 麺散らし めんちらし メンチラシ オープン HYPEBEAST ハイプビースト

左 知久平桂 / 右 岡田シゲル

一通り撮影が済んだ後に岡田氏に『麺散』への思いやその背景について聞くと、それまでの和やかなムードから一転、少し表情を引き締め、力強い言葉で以下のように語ってくれた。

(原宿を拠点とするクリエイティブエージェンシーの)「en one tokyo」が本格的に飲食事業を立ち上げることになって、この『麺散』がそのスタートのお店。僕のイメージとしては、原宿っていう街のこの一等地で“エッジの効いたマス向けのコンテンツ”に挑戦したくて。450円〜っていう値段設定もそうなんだけど、色んな人が週に2回とか3回とか食べに来たり、飲みに来ることができるお店を意識しています。この一等地で本気のうどんを450円でこういう形で提供するって面白いじゃないですか。5年とか10年先を見たときに色んな意味で価値を含んだお店を持ちたいっていう考えが僕の根底にあって。次の展開なんかも色々企んでいるところです。

そして『麺散』の大きなポイントとして忘れてはいけないのが、夜の時間はおつまみと共にお酒を飲んで、そのまま〆のうどんまで食べられるという、飲みの場としても利用できる点。そして店頭に止められたドデカいキッチンカー『ONE』で提供される絶品の出汁巻玉子ドックも要注目ポイントだ。今後オリジナルグッズやコラボアイテム、新店舗の展開なんかも考えているとかいないとかなので、『HYPEBEAST』読者の皆様も原宿を訪れた際にはぜひ新名所『麺散』に足を運んでみてはいかがだろうか。

麺散
住所:東京都渋谷区神宮前6‐13‐7 グランドオム1F
Tel:03‐3642‐9898
時間:11:30~23:30

Read Full Article

What to Read Next

押さえておきたい今週の必読記事 5 選
スポーツ  

押さえておきたい今週の必読記事 5 選

山本“KID”徳郁の訃報から〈BAPE®️〉25周年のアニバーサリーイベント、ヴァージル・アブローによるiPhone Xs Maxのユーザーレビューまで今週を総ざらい

ヴァージル・アブローも愛用する入手困難な謎のブランド UNWANTED が日本初上陸
ファッション

ヴァージル・アブローも愛用する入手困難な謎のブランド UNWANTED が日本初上陸

今後のLAシーンを牽引するであろう注目の新鋭ブランドの貴重なアイテムは見逃し厳禁

Kanye West の働きかけによって SNS のフォロワー数が非表示になる?
テック

Kanye West の働きかけによって SNS のフォロワー数が非表示になる?

「フォロワーの数で自己の価値が左右されるべきでない」


STÜSSY より原宿旗艦店のリニューアルオープンを記念した “Harajuku Paisley” コレクションが登場
ファッション

STÜSSY より原宿旗艦店のリニューアルオープンを記念した “Harajuku Paisley” コレクションが登場

『STÜSSY HARAJUKU CHAPTER』は9月22日(土)に装いも新たに再始動

画期的なレーシングシステムを採用した Air Jordan 33 のビジュアルが解禁
フットウエア

画期的なレーシングシステムを採用した Air Jordan 33 のビジュアルが解禁

往年のファンには嬉しい“Nike Air”のクラシックなロゴも復活したAJシリーズの最新作

新世代ジャズシーンを代表する新星 Puma Blue が Fred Perry による音楽イベントで初来日決定
ミュージック

新世代ジャズシーンを代表する新星 Puma Blue が Fred Perry による音楽イベントで初来日決定

UK発の新鋭アーティストの貴重な初来日公演を無料(要オンライン応募)で体感できるチャンス到来

More ▾
 
ニュースレターに登録

HYPEBEASTのニュースレターでフットウェア、ファッション、ミュージック、クリエイティビティの最新情報をゲット。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約とプライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。