ラッパーの Mac Miller が薬物過剰摂取により26歳の若さで死去

訃報続きのヒップホップ界をさらなる悲しみが襲う

ミュージック
16,269 Hypes

人気ラッパーのMac Miller(マック・ミラー)がオーバードーズ(薬物過剰摂取)により他界したことが判明。享年26歳。

過去に自身の薬物依存の経験を明かしていたMillerであったが、芸能ニュースサイト『TMZ』によると、9月7日(現地時間)にカリフォルニア州サンフェルナンド・バレーの自宅にて死亡しているのが地元警察によって確認された模様。Millerの自宅を訪れた友人男性から緊急通報があったという。

Mac Millerといえば、Thundercat(サンダーキャット)やSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)らをフィーチャーした最新アルバム『Swimming』を8月3日にリリースしたばかり。10月からは全米ツアーも控えていた矢先の悲劇となってしまった。生前に親交のあった多くのアーティストが追悼のコメントを残している。

『HYPEBEAST』がお届けするその他ミュージック関連のニュースはこちらから。

Read Full Article
テキスト
この記事を共有する
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。