エディ・スリマンによる新生 CÉLINE がブランドの顔となる新ロゴを発表

よりシンプルでバランスを重視した1960年代のアーカイブのデザインを復活

By
ファッション

稀代の天才デザイナー、Hedi Slimane(エディ・スリマン)をクリエイティブ・ディレクターに迎え、2019年春夏コレクションに向けて着実に準備を進める〈CÉLINE(セリーヌ)〉が、ブランドの顔となる新ロゴを遂に発表。

Saint Laurent(サン ローラン)〉時代も就任早々にブラントロゴをアーカイブのデザインに変更したHediであるが、今回発表された新たなデザインも1960年代に使用されていたロゴにインスピレーションを得たもの。フォントは1930年代のものを用い、形状のバランスやシンプルさを重視して、同ブランドの特徴でもあった“É”を通常の“E”に変更(1960年代のコレクションではアクセント付きのアルファベットはあまり使われていなかったとのこと)。これに加えて、1文字1文字のスペースを詰めることで全体のバランスも考慮。また、1960年代に使用されていた“PARIS”はロゴ上では用いられないが、実際のプロダクトのタグやショッパーなどでは“CELINE PARIS”のような形で復活する模様。

〈CÉLINE〉改め〈CELINE BY HEDI SLIMANE〉の今後の続報に要注目だ。Lady Gaga(レディー・ガガ)がお披露目したHediデザインによるアイテムはチェック済み?

THE NEW LOGO HAS BEEN DIRECTLY INSPIRED BY THE ORIGINAL, HISTORICAL, VERSION THAT EXISTED IN THE 1960’S.⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ THE MODERNIST TYPOGRAPHY USED DATES FROM THE 1930’S. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ THE ACCENT ON THE “E” HAS BEEN REMOVED TO ENABLE A SIMPLIFIED AND MORE BALANCED PROPORTION, EVOKING THE CELINE COLLECTIONS OF THE 1960’S WHERE THE ACCENT WASN’T USED OFTEN. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ THE SPACING BETWEEN THE LETTERS HAS BEEN BALANCED OUT AND THE LETTERS HAVE BEEN BROUGHT CLOSER TOGETHER. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ THE 1960’S VERSION OF THE LOGO INCLUDING THE WORD “PARIS”, WILL BE REINSTATED WITHIN THE CLOTHING AND ON PACKAGING, HOWEVER “PARIS" WILL NOT APPEAR BENEATH THE LOGO ON CAMPAIGNS. ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀ #CELINEBYHEDISLIMANE

CELINEさん(@celine)がシェアした投稿 –

Read Full Article

What to Read Next

Diaspora skateboards x Jazzy Sport によるスペシャルなポップアップショップが京都に上陸
ファッション

Diaspora skateboards x Jazzy Sport によるスペシャルなポップアップショップが京都に上陸

期間は9月8~9日(土日)の2日間限定で両日夕刻からはインストアパーティーも開催

Streetsnaps:Prague Fashion Week Spring/Summer 2019
ファッション 

Streetsnaps:Prague Fashion Week Spring/Summer 2019

ストックホルムとは打って変わり、〈Vetements〉、〈Louis Vuitton〉、ヴァージル・アブローのコラボスニーカーなど、トレンド感満載のオフランウェイに

adidas Originals が『ドラゴンボール』とのコラボレーションを公式発表
フットウエア

adidas Originals が『ドラゴンボール』とのコラボレーションを公式発表

悟空やベジータをはじめ、これまでの噂通りフリーザや魔人ブウのモデルが登場する模様


Streetsnaps:Stockholm Fashion Week Spring/Summer 2019
ファッション 

Streetsnaps:Stockholm Fashion Week Spring/Summer 2019

90年代後期のストリート感と2000年初頭のデザイナーズブーム再来の雰囲気が入り混じるスウェーデンの首都でストリートスナップを敢行

ロゴパロディーへの反応で注目を集めた米養豚企業がオリジナルの Supreme ファッションビジュアルを制作
ファッション

ロゴパロディーへの反応で注目を集めた米養豚企業がオリジナルの Supreme ファッションビジュアルを制作

本物の農夫たちを起用してふざけ半分で制作したかと思いきや、なかなかクールな仕上がりに

Supreme がロンドン旗艦店の看板を破損させた人物の特定に乗り出す
ファッション

Supreme がロンドン旗艦店の看板を破損させた人物の特定に乗り出す

犯人を特定した人にはボックスロゴのクルーネックを進呈

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。