サッカー界ではピッチ上で着用する靴下に穴を空けるファッションが流行中?

カイル・ウォーカーを含む一流選手がソックスのふくらはぎ部分に穴を空けることにはれっきとした理由がある模様

Sports

実はサッカーにも“流行”というものが存在する。それは戦術でもそうだが、2000年代初頭には白いカンガルーレザーのスパイクやPredator Mania(プレデター マニア)が爆発的な人気を博したほか、左右で色の異なるスパイクを履く選手が続出したことも記憶に新しい。

だが、最近はポルカドットのように穴をあけたソックスをピッチで着用するプレーヤーたちが現れているようだ。マンチェスター・シティのKyle Walker(カイル・ウォーカー)は「FAコミュニティ・シールド」の対チェルシー戦で、ふくらはぎの裏に穴の空いたソックスを着用。しかし、これは冒頭で述べたファッション的流行ではなく、ソックスの圧迫を緩和するための対策だったのだ。

『Mirror』によると、現代のフットボールソックスは非常に締め付けが強く、ふくらはぎの筋肉が発達している選手たちはこれが原因でプレーに悪影響が出るとのこと。この穴空け対策はイングランド代表の同僚であるDanny Rose(ダニー・ローズ)や、ウェストハムのArthur Masuaku(アルトゥール・マスアク)も試合中に行なっており、その模様が写真に収められている。

プロチームのユニフォームはソックスまで含めて1キットなので、オフィシャル以外のものを着用することは禁止されている。各サプライヤーはこの実情を受けて、何かしらのアクションを起こす必要があるかもしれない。

Zlatan Ibrahimović(ズラタン・イブラヒモビッチ)が年間チケットを購入したファンにサプライズで電話をかける様子や、Cristiano Ronaldo(クリスティアーノ・ロナウド)のユベントス移籍時のメディカルチェックで記録した驚愕の数字など、サッカーに関連するその他のニュースもお見逃しなく。

Read Full Article
Source
Mirror
More

What to Read Next

STÜSSY よりモノクロ写真で撮り下ろされた2018年秋キャンペーンビジュアルが登場
Fashion

STÜSSY よりモノクロ写真で撮り下ろされた2018年秋キャンペーンビジュアルが登場

芸術作品と呼ぶに相応しいビジュアルを撮り下ろしたのは写真家のセオ・シオン

シカゴの野外フェス ロラパルーザで16歳の少年が死去
Music

シカゴの野外フェス ロラパルーザで16歳の少年が死去

会場内で心肺停止を起こしたのは発作が原因か

米シカゴの閉鎖された教会を Nike がバスケットボール施設へと大改造
Design

米シカゴの閉鎖された教会を Nike がバスケットボール施設へと大改造

地元コミュニティのために元シカゴ・ブルズのスーパースター、スコッティ・ピッペンもサプライズ登場


MIXワークスタイルで魅せる HBX の最新エディトリアル “New Vintage”
Fashion

MIXワークスタイルで魅せる HBX の最新エディトリアル “New Vintage”

〈HUMAN MADE®〉や〈AMBUSH®〉といった気鋭日本ブランド勢から〈Loewe〉や〈Maison Margiela〉などといったメゾンブランドによる新作アイテムをフィーチャー

大自然をそのまま体感できる屋根も壁もない青空ホテル Zero Real Estate
Design

大自然をそのまま体感できる屋根も壁もない青空ホテル Zero Real Estate

スイスの美しい山並みにダブルベッドが1台ポツンと置かれただけの世にも奇妙なホテル

Levi’s® より映画監督スパイク・リーのキャリアを振り返る限定カプセルコレクションが登場
Fashion

Levi’s® より映画監督スパイク・リーのキャリアを振り返る限定カプセルコレクションが登場

スパイク・リーの歴史を物語るパッチの数々があしらわれた2型のトラッカージャケットをチェック

More ▾