FIFAワールドカップの真の“勝者”は非公式スポンサーの Apple?

鍵を握ったのは便乗宣伝に厳しい「FIFA」の規則を掻い潜る“あの”アクセサリー

Tech

FIFAワールドカップ」ほど世界を熱狂させるスポーツイベントはこの世に存在しない。それは「オリンピック」を含めて、である。2014年には約30億人以上が前回大会を視聴。また、「FIFA(国際サッカー連盟)」はロシアで開催中の本大会を通して、日本円に換算し約1,800億円の収益をあげると言われている。

「ワールドカップ」にはそれだけの宣伝力がある。それゆえ〈adidas(アディダス)〉や「Coca-Cola(コカ・コーラ)」、「VISA(ビザ)」など、数々のトップ企業が膨大なコストを費やして同大会のスポンサーに名乗りを上げ、同時に「FIFA」もスポンサー企業以外のアンブッシュ・マーケティング(便乗宣伝)には厳戒態勢を敷いている。

だが、『Quartz』によると、本大会で最も利益を得ているのは、非公式スポンサーの「Apple(アップル)」だという。一体、これはどういうことなのだろうか。参加国の代表選手たちには、同大会の公式スポンサー以外の衣類およびアクセサリーは企業ロゴが見えないよう、着用アイテムに目張りをする規則が設けられている。事実、「Apple」傘下の「Beats by Dr. Dre(ビーツ バイ ドクタードレ)」のヘッドフォンを使用している選手たちもテープなどでロゴを隠しているが、『Quartz』はAirPodsのデザインに言及。確かに、AirPodsは左右のイヤホンが分離した利便性もさることながら、洗練されたミニマルな本体には「Apple」のロゴが存在しない。それゆえ、規定に触れることがないということを理由にNeymar(ネイマール)を含む多くの有名選手がAirPodsを着用しているほか、その特徴的なデザインは一目でAirPodsと判別できる。さらに、奇をてらったサッカーを題材にしたiPhone XのCMも効果的で、Apple WatchやiPodなどが該当する“Other products”カテゴリーの売上は、AirPodsが登場した2016年から比較して本年度が最高の売上を記録。すなわち、「FIFA」に巨額なスポンサー料を支払わなくとも宣伝に成功した「Apple」こそ真の勝者と言える、というのが『Quartz』の見解なのだ。

ちなみに、「FIFA」はマーケティング規則の一種に違反として、「FA(イングランドサッカー協会)」に史上2番目に重い高額罰金処分を課した。その原因が気になる方は、こちらの記事をチェックしてみてはいかがだろうか。

Read Full Article
Source
Quartz
More

What to Read Next

The North Face Black Series より極上の着心地を追求した最新シームレスコレクションが登場
Fashion

The North Face Black Series より極上の着心地を追求した最新シームレスコレクションが登場

季節を問わず即戦力となるであろうハイスペックウェアが爆誕

STÜSSY と i-D のタッグより1980~90年代のDIY精神を投影した最新コラボコレクションが登場
Fashion

STÜSSY と i-D のタッグより1980~90年代のDIY精神を投影した最新コラボコレクションが登場

創業当初の理念に立ち返るアイテムの数々がラインアップ

UPDATE:Levi’s® x Jordan Brand によるコラボコレクション第2弾の国内リリース情報が解禁
Footwear

UPDATE:Levi’s® x Jordan Brand によるコラボコレクション第2弾の国内リリース情報が解禁

定番カラーのブラックとホワイトを纏った計6型の注目作が遂にベールを脱ぐ(UPDATE:〈Levi’s®〉が7月13日の再販をアナウンス)


近代建築の巨匠 フランク・ロイド・ライトが手がけたLAに佇む大豪邸がオークションに登場
Design

近代建築の巨匠 フランク・ロイド・ライトが手がけたLAに佇む大豪邸がオークションに登場

傑作SF映画『ブレードランナー』のロケ地にもなったマヤ文明が息づくラグジュアリーハウス

le coq sportif より名作2型をローラースケート仕様にアップデートした ROLLER Pack が登場
Footwear

le coq sportif より名作2型をローラースケート仕様にアップデートした ROLLER Pack が登場

着脱可能なローラーユニットを搭載する遊び心溢れるArthur Ashe&Quartzがラインアップ

FIFA がイングランドサッカー協会に史上2番目に重い高額罰金処分を課す
Sports

FIFA がイングランドサッカー協会に史上2番目に重い高額罰金処分を課す

原因は代表選手たちがワールドカップの試合中に着用していた靴下だが、約790万円もの罰金処分が下された理由とは?

More ▾