Audi と Airbus の空飛ぶタクシーがサービス実現に向けて大きく前進

SFや漫画の設定だった未来の交通インフラがドイツ国内でテストを実施へ

Automotive

Audi(アウディ)」と「Airbus(エアバス)」が共同開発を進める空飛ぶタクシーがサービス実現に向け、ドイツ政府とテスト飛行の実施に合意したようだ。 連邦交通・建設・都市開発省のAndreas Scheuer(アンドレアス・シャウアー)、デジタル化担当大臣のDorothee Bar(ドロテー・ベア)、インゴルシュタット市長のChristian Losel(クリスティアン・ルーゼル)らは、ドイツ・インゴルシュタット市内におけるテスト飛行の合意書に調印。まだ次なるステップは明かされていないものの、テスト飛行が順調に進行すれば、近い将来、本当に都市部を空中移動できる日が来るかもしれない。

「電気自動車と自動運転車の結びつきは、都市交通をより快適かつクリアなものにすると同時にスペースを節約、すなわち、これは都市生活者の人生がより豊かになるということを意味します」、「Audi」の暫定取締役会会長兼セールス&マーケティング担当取締役を務めるBram Schot(ブラム・ショット)はこう語る。「第3次元の交通インフラは、未来に多大な価値をもたらしてくれることでしょう。我々はインゴルシュタットの街に貢献できることを歓迎しており、エアタクシーのためのテストフィールド地域における開発をサポートしていきます」

上のフォトギャラリーにあるコンセプトイメージは、今年3月に公開された“Pop.Up Next”のものだが、これは空陸両用の完全自動運転の電気モビリティで、音声/顔認証システムや視線追跡操作システムなどを搭載している。実際にテストが開始されれば、その様子を撮影した映像なども公開されるはずなので、今後は「Audi」と「Airbus」の新たなアナウンスに期待したい。

「NASA」とパートナーシップを締結した「Uber(ウーバー)」が2020年までに導入を予定しているという空飛ぶタクシーのイメージビデオもあわせてご確認を。

Read Full Article
Source
Carscoops
More

What to Read Next

『SLAM DUNK』新装再編版の第7〜10巻の表紙デザインが公開
Entertainment

『SLAM DUNK』新装再編版の第7〜10巻の表紙デザインが公開

ダンクに行く流川、“メガネ君”こと木暮、武里戦前にシューティング練習をする花道などを井上雄彦が描き下ろす

築80年を超える典型的な日本家屋を改修した鎌倉のオフィス兼住宅
Design

築80年を超える典型的な日本家屋を改修した鎌倉のオフィス兼住宅

非の打ち所のない和室や壁、天井の味わいを活かし、地面から60cm上がっている床の在り方に注目した「スキーマ建築計画」の匠な仕事

adidas がシーズンMVPのジェームズ・ハーデンに捧げるショートクリップを公開
Sports

adidas がシーズンMVPのジェームズ・ハーデンに捧げるショートクリップを公開

ロケッツ#13の進化を見届けてきた母がナレーションで参画


McDonald’s より爽やかにアップデートされたマックシェイク× カルピス®が今年も登場
Food

McDonald’s より爽やかにアップデートされたマックシェイク× カルピス®が今年も登場

本日(6/27)より全国の『McDonald’s』にて期間限定で発売開始

ブラジルのとあるパブがネイマールが倒れる度にショット一杯サービスというキャンペーンを実施
Sports

ブラジルのとあるパブがネイマールが倒れる度にショット一杯サービスというキャンペーンを実施

ファールを装い故意に倒れるネイマールのダイブに対するユーモラスなおもてなしが話題に

“Just Do It” 誕生30周年を祝した大胆なデザインの Air Force 1 が Nike より発売
Footwear

“Just Do It” 誕生30周年を祝した大胆なデザインの Air Force 1 が Nike より発売

〈Nike〉ファン必携の1足の発売情報をチェック

More ▾