adidas が生産の拠点を中国から東南アジアにシフトすることを公言

1番の要因は貿易関税や商品のクオリティではなく、工場職員たちのリーク?

Fashion

2018 FIFA ワールドカップロシア」に向け熱を増す〈adidas(アディダス)〉が、先日行われた株主総会にて生産地域を中国からベトナムへとシフトすることを明言した。最高経営責任者(CEO)であるKasper Rorsted(カスパー・ローステッド)は、「アジア地域における〈adidas〉製品の約10%が偽物(コピー品)である可能性がある」という衝撃発言に続き、「2012年に生産量が31%しかなかったベトナムの工場は、2017年の時点で44%まで増加している。その一方、中国の工場は19%ほどにしか満たない」とコメント。中国産商品にかかる関税が大きな要因だと推測されていたものの、最後にKasperは「中国は貿易関税に関係なく、依然として重要な生産市場であることは間違いない。我々は輸入関税をこのまま受けることとなるが、競争相手(NikeやUnder Armourなど)も同様だ」と述べ、問題点が貿易関税ではないことを強調したとのこと。

iPhoneやスニーカーなど、最新アイテムのリークが問題視される中国だが、〈adidas〉もこの点を踏まえての決断なのかもしれない。今後はベトナムと中国の二本柱で生産していくことを公言した同社に対し、ライバルメーカーである〈Nike〉や〈Under Armour〉はどのような手を打つのだろうか、引き続き大手スポーツメーカーの動向に注目していこう。

その他、『HYPEBEAST』による最新ファッションニュースもお見逃しなく。

Read Full Article
Source
REUTERS
More

What to Read Next

遂に KITH の2018年スプリングコレクションが始動
Fashion

遂に KITH の2018年スプリングコレクションが始動

上質な素材を採用し、寒暖の差が気になる今の季節にぴったりなリラックスしたスタイルを提案

adidas YUNG-1 からブルー/グレーの新色 “Alpine” の存在が明らかに
Footwear

adidas YUNG-1 からブルー/グレーの新色 “Alpine” の存在が明らかに

履きまわしに富んだダッドライクな配色が魅力の新色だが、気になる発売時期は……

UNDERCOVER x HAYN よりデコラティブな最新スライドサンダルが登場
Footwear

UNDERCOVER x HAYN よりデコラティブな最新スライドサンダルが登場

高橋盾が思い描くデザイン性と履き心地を両立した楽ちんサンダルに注目


SHIPS 限定で VAINL ARCHIVE x Dickies による最新別注アイテムが展開決定
Fashion

SHIPS 限定で VAINL ARCHIVE x Dickies による最新別注アイテムが展開決定

〈VAINL ARCHIVE〉のインラインアイテムも豊富に揃うポップアップショップも『SHIPS 渋谷店』にて開催

見逃したくない今週のリリースアイテム 6 選
Fashion 

見逃したくない今週のリリースアイテム 6 選

〈Supreme〉x〈Fox Racing〉や“The Ten”の〈Converse〉Chuck Taylor ‘70に並び、世界5つのランクルーを招聘したNike Epic React Flyknitも登場

BAPE®️ よりジャパネスクなエッセンスを取り入れた1ST CAMO柄の着物シャツが登場
Fashion

BAPE®️ よりジャパネスクなエッセンスを取り入れた1ST CAMO柄の着物シャツが登場

日本の伝統的な着物をストリートに映えるリアルクローズに昇華

More ▾