Nike がおよそ2年間に渡るジャンプマンロゴの著作権侵害訴訟に勝利

裁判の焦点となった学生時代のマイケル・ジョーダンがダンクシュートをする姿も公開

By
デザイン

adidas(アディダス)〉とのハイテクニット素材の特許権を巡る裁判が最終局面に突入した〈Nike(ナイキ)〉だが、もう一方でニューヨークを拠点に活動するフォトグラファーJacobus Rentmeester(ヤコブ・レントミースター)との“Jumpmanロゴ”の著作権問題を巡る法廷闘争が行われていたのはご存知だろうか。今回の裁判は、1984年にJacobusがダンクシュートをする学生時代のMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)の姿を撮影した数ヶ月後、〈Nike〉がシカゴ・ブルズに所属していた彼を同じシチュエーションで撮影したのちに“Jumpmanロゴ”として公式発表したことが引き金となったようだ。だが、〈Nike〉は1985年に和解を求め15,000ドル(約160万円)の違約金を支払っており、それでも納得がいかなかったJacobusが30数年越しにこの裁判を起こしたとのこと。

結果的に約2年間に及ぶ法廷闘争の末、Jacobusの著作権侵害は無効とし〈Nike〉が勝利を収めるかたちに。裁判官であるPaul Watford(ポール・ワトフォード)は、この判決に対し「Michael Jordanがジャンプしたポーズの特徴は両方とも一緒だが、ライティングや背景が異なるため、実質的に似ていない。なので著作権違反には当たらない」とコメントを発表している。未だJacobus側の意見はまだ明らかとなっていないが、果たしてこれで一件落着となるのであろうか。何かと敵の多い〈Nike〉に今後も引き続き注目していこう。

その他、『HYPEBEAST』による〈Nike〉関連のニュースは、こちらよりチェック。

Read Full Article
Source
REUTERS

What to Read Next

アメリカの名俳優 ポール・ウォーカーのドキュメンタリー番組が制作決定
エンターテインメント

アメリカの名俳優 ポール・ウォーカーのドキュメンタリー番組が制作決定

人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』の中心人物として人気絶頂のなか、交通事故でこの世を去った名俳優の私生活にフォーカス

adidas Originals より気品漂うクリーンな新作 Campus & Gazelle がリリース
フットウエア

adidas Originals より気品漂うクリーンな新作 Campus & Gazelle がリリース

シンプルなデザインのなかに気品を漂わせるトーナルデザインの注目作が誕生

マンチェスター・ユナイテッドのエースがプレミアリーグのオールスター開催を提言
スポーツ

マンチェスター・ユナイテッドのエースがプレミアリーグのオールスター開催を提言

マスターリーグ級のチーム構成が期待できる北軍vs南軍という構図にファンから賛成の声が相次ぐ


BAPE®️ より Dover Street Market Ginza 限定で展開される最新アパレルコレクションが登場
ファッション

BAPE®️ より Dover Street Market Ginza 限定で展開される最新アパレルコレクションが登場

クリーンなデザインのなかにポップな捻りを利かせた3アイテムがラインナップ

米国新ブランド WWWM のセカンドコレクションがローンチ
ファッション 

米国新ブランド WWWM のセカンドコレクションがローンチ

Presented by WWWM
日本国内でも各地のセレクトショップで購入可能

ACRONYM x Nike によるコラボ Air Presto Mid に新色モデルが2型追加か?
フットウエア

ACRONYM x Nike によるコラボ Air Presto Mid に新色モデルが2型追加か?

リークメディアとして台頭著しい@py_ratesが名作コラボモデルの復活を示唆

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。