ArchDaily が優れた建築物を讃える Building of the Year Awards 2018 を発表

『Apple Store』の新店舗や〈Nike〉のNY本社に加え、日本人建築家の作品も

By
デザイン

建築好きお待ちかね、『ArchDaily』が最も優れた建築物を讃える“Building of the Year Awards 2018”を発表した。今回は10万人以上の『ArchDaily』読者の投票により、巨大な住居から小さな教室まで、全15の建築物がノミネート。その中には『香港国際空港』や『ウェンブリー・スタジアム』を手がけた「foster + partners」や『オルドス博物館』などでお馴染みの早野洋介擁する「MAD Architects」、あのZaha Hadid(ザハ・ハディッド)を輩出した名門「OMA」などが順当に名を連ねる。その他では『HYPEBEAST』でもご紹介した『Apple Store』のシカゴ店や、中村拓志主宰のNAP建築設計事務所が広島市の中心部に建てた個人住宅『Optical Glass House』も選出。

以下ではノミネート作品の一部をご紹介しているが、全15の建築物一覧は、こちらからご確認を。

あわせて、巨匠建築家・隈研吾が設計したスコットランド初のデザイン美術館『V&A Dundee』の建築もチェックしてみては?

ArchDaily が優れた建築物を讃える Building of the Year Awards 2018 を発表 『Apple Store』の新店舗や〈Nike〉のNY本社に加え、日本人建築家の作品も 建築好きお待ちかね、『ArchDaily』が最も優れた建築物を讃える“Building of the Year Awards 2018”を発表した。今回は10万人以上の『ArchDaily』読者の投票により、巨大な住居から小さな教室まで、全15の建築物がノミネート。その中には香港国際空港やウェンブリー・スタジアムを手がけた「foster + partners」やオルドス博物館などでお馴染みの早野洋介擁する「MAD Architects」、あのZaha Hadid(ザハ・ハディッド)を輩出した名門「OMA」などが順当に名を連ねる。その他では『HYPEBEAST』でもご紹介した『Apple Store』のシカゴ店や、中村拓志主宰のNAP建築設計事務所が広島市の中心部に建てた個人住宅『Optical Glass House』も選出。  以下ではノミネート作品の一部をご紹介しているが、全15の建築物一覧は、こちらからご確認を。  あわせて、巨匠建築家・隈研吾が設計したスコットランド初のデザイン美術館『V&A Dundee』の建築もチェックしてみては?

Interior Architecture winner: Nike New York Headquarters / WSDIA | WeShouldDoItAll + STUDIOS Architecture © Floto+Warner.jpg

ArchDaily が優れた建築物を讃える Building of the Year Awards 2018 を発表 『Apple Store』の新店舗や〈Nike〉のNY本社に加え、日本人建築家の作品も 建築好きお待ちかね、『ArchDaily』が最も優れた建築物を讃える“Building of the Year Awards 2018”を発表した。今回は10万人以上の『ArchDaily』読者の投票により、巨大な住居から小さな教室まで、全15の建築物がノミネート。その中には香港国際空港やウェンブリー・スタジアムを手がけた「foster + partners」やオルドス博物館などでお馴染みの早野洋介擁する「MAD Architects」、あのZaha Hadid(ザハ・ハディッド)を輩出した名門「OMA」などが順当に名を連ねる。その他では『HYPEBEAST』でもご紹介した『Apple Store』のシカゴ店や、中村拓志主宰のNAP建築設計事務所が広島市の中心部に建てた個人住宅『Optical Glass House』も選出。  以下ではノミネート作品の一部をご紹介しているが、全15の建築物一覧は、こちらからご確認を。  あわせて、巨匠建築家・隈研吾が設計したスコットランド初のデザイン美術館『V&A Dundee』の建築もチェックしてみては?

Housing winner: Huangshan Mountain Village / MAD Architects © Shu He.jpg

ArchDaily が優れた建築物を讃える Building of the Year Awards 2018 を発表 『Apple Store』の新店舗や〈Nike〉のNY本社に加え、日本人建築家の作品も 建築好きお待ちかね、『ArchDaily』が最も優れた建築物を讃える“Building of the Year Awards 2018”を発表した。今回は10万人以上の『ArchDaily』読者の投票により、巨大な住居から小さな教室まで、全15の建築物がノミネート。その中には香港国際空港やウェンブリー・スタジアムを手がけた「foster + partners」やオルドス博物館などでお馴染みの早野洋介擁する「MAD Architects」、あのZaha Hadid(ザハ・ハディッド)を輩出した名門「OMA」などが順当に名を連ねる。その他では『HYPEBEAST』でもご紹介した『Apple Store』のシカゴ店や、中村拓志主宰のNAP建築設計事務所が広島市の中心部に建てた個人住宅『Optical Glass House』も選出。  以下ではノミネート作品の一部をご紹介しているが、全15の建築物一覧は、こちらからご確認を。  あわせて、巨匠建築家・隈研吾が設計したスコットランド初のデザイン美術館『V&A Dundee』の建築もチェックしてみては?

Religious Architecture winner: Waterside Buddist Shrine / ARCHSTUDIO Courtesy of ARCHSTUDIO.jpg

ArchDaily が優れた建築物を讃える Building of the Year Awards 2018 を発表 『Apple Store』の新店舗や〈Nike〉のNY本社に加え、日本人建築家の作品も 建築好きお待ちかね、『ArchDaily』が最も優れた建築物を讃える“Building of the Year Awards 2018”を発表した。今回は10万人以上の『ArchDaily』読者の投票により、巨大な住居から小さな教室まで、全15の建築物がノミネート。その中には香港国際空港やウェンブリー・スタジアムを手がけた「foster + partners」やオルドス博物館などでお馴染みの早野洋介擁する「MAD Architects」、あのZaha Hadid(ザハ・ハディッド)を輩出した名門「OMA」などが順当に名を連ねる。その他では『HYPEBEAST』でもご紹介した『Apple Store』のシカゴ店や、中村拓志主宰のNAP建築設計事務所が広島市の中心部に建てた個人住宅『Optical Glass House』も選出。  以下ではノミネート作品の一部をご紹介しているが、全15の建築物一覧は、こちらからご確認を。  あわせて、巨匠建築家・隈研吾が設計したスコットランド初のデザイン美術館『V&A Dundee』の建築もチェックしてみては?

Hospitality Architecture winner: KOI Cafe / Farming Architects © Nguyen Thai Thach.jpg

ArchDaily が優れた建築物を讃える Building of the Year Awards 2018 を発表 『Apple Store』の新店舗や〈Nike〉のNY本社に加え、日本人建築家の作品も 建築好きお待ちかね、『ArchDaily』が最も優れた建築物を讃える“Building of the Year Awards 2018”を発表した。今回は10万人以上の『ArchDaily』読者の投票により、巨大な住居から小さな教室まで、全15の建築物がノミネート。その中には香港国際空港やウェンブリー・スタジアムを手がけた「foster + partners」やオルドス博物館などでお馴染みの早野洋介擁する「MAD Architects」、あのZaha Hadid(ザハ・ハディッド)を輩出した名門「OMA」などが順当に名を連ねる。その他では『HYPEBEAST』でもご紹介した『Apple Store』のシカゴ店や、中村拓志主宰のNAP建築設計事務所が広島市の中心部に建てた個人住宅『Optical Glass House』も選出。  以下ではノミネート作品の一部をご紹介しているが、全15の建築物一覧は、こちらからご確認を。  あわせて、巨匠建築家・隈研吾が設計したスコットランド初のデザイン美術館『V&A Dundee』の建築もチェックしてみては?

Small Scale Architecture Winner: 100 Classrooms for Refugee Children / Emergency Architecture & Human Rights © Martina Rubino.jpg

ArchDaily が優れた建築物を讃える Building of the Year Awards 2018 を発表 『Apple Store』の新店舗や〈Nike〉のNY本社に加え、日本人建築家の作品も 建築好きお待ちかね、『ArchDaily』が最も優れた建築物を讃える“Building of the Year Awards 2018”を発表した。今回は10万人以上の『ArchDaily』読者の投票により、巨大な住居から小さな教室まで、全15の建築物がノミネート。その中には香港国際空港やウェンブリー・スタジアムを手がけた「foster + partners」やオルドス博物館などでお馴染みの早野洋介擁する「MAD Architects」、あのZaha Hadid(ザハ・ハディッド)を輩出した名門「OMA」などが順当に名を連ねる。その他では『HYPEBEAST』でもご紹介した『Apple Store』のシカゴ店や、中村拓志主宰のNAP建築設計事務所が広島市の中心部に建てた個人住宅『Optical Glass House』も選出。  以下ではノミネート作品の一部をご紹介しているが、全15の建築物一覧は、こちらからご確認を。  あわせて、巨匠建築家・隈研吾が設計したスコットランド初のデザイン美術館『V&A Dundee』の建築もチェックしてみては?

Commercial Architecture winner: Apple Store Michigan Avenue, Chicago / Foster + Partners © Nigel Young.jpg

Read Full Article
Source
ARCHDAILY

What to Read Next

ショーン・ワザーズプーンが年内リリースの Nike Air Max 各種をご紹介
フットウエア

ショーン・ワザーズプーンが年内リリースの Nike Air Max 各種をご紹介

〈Off-White™️〉x Air Vapormaxや『atmos』の“Animal Pack”などがずらり

デリック・ローズがキャバリアーズから移籍後わずか2日でジャズを解雇される
スポーツ

デリック・ローズがキャバリアーズから移籍後わずか2日でジャズを解雇される

かつてマイケル・ジョーダンの後継者とまで言われた逸材の行く末はいかに

1週間の人気記事トップ 10
Weekly Top 10

1週間の人気記事トップ 10

世界中で話題となったクルマ関連トピックやヘッズ待望の名作スニーカー復刻ニュースがランクイン


Converse x ROKIT のタッグよりフットウェア&アパレルを揃えたコラボコレクションがリリース
フットウエア

Converse x ROKIT のタッグよりフットウェア&アパレルを揃えたコラボコレクションがリリース

コラボスニーカーとしては〈Converse〉の名作FastbreakとChuck Taylor 70をベースにした2型がラインアップ

群馬県前橋にある三角形の庭を持つ素朴で明るい二世帯住宅 House K をチェック
デザイン

群馬県前橋にある三角形の庭を持つ素朴で明るい二世帯住宅 House K をチェック

プライバシーを守りつつ、薄暗い道路に灯と安心感を提供する構造に

人気再燃中のサーフ/スケートブランド Life’s a Beach よりグラフィックヘビーな2018年春夏コレクションが登場
ファッション

人気再燃中のサーフ/スケートブランド Life’s a Beach よりグラフィックヘビーな2018年春夏コレクションが登場

ヴィヴィッドなカラーウェイと強めなグラフィックが目を引く新作アイテムの数々をチェック

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。