The Notorious B.I.G. と Wu-Tang Clan の名が冠された通りや地区がニューヨークに間もなく誕生

ニューヨーク市議会が改名法案を全会一致で承認

By
ミュージック

1970年代初頭にアメリカ・ニューヨークのサウスブロンクス地区で生まれたとされるヒップホップ。そんなヒップホップ生誕の地より注目ニュースが到着した。

米現地メディアにて報じられているところによると、先日開かれたニューヨーク市議会にてニューヨーク市内にある通りの名をThe Notorious B.I.G.(ノトーリアス・B.I.G.)、Wu-Tang Clan(ウータン・クラン)にちなんだ名に改名する法案が全会一致で承認されたとのこと。今後、ニューヨーク市長の承認を得る必要があるが、実現の可能性は高いようだ。

気になるのはその通りの場所だが、Biggieの通りは彼の地元ブルックリン区のベッドフォード=スタイベサント地区内セント・ジェームズ・プレイスの一部。彼の本名にちなんだChristopher Wallace Way(クリストファー・ウォレス・ウェイ)という名となるという。

またWu-Tang Clanは彼らの地元であるスタテンアイランド区南西部の一画、ヴァンダービルト・アベニューとターギー・ストリートが交わるあたりがWu-Tang Clan District (ウータン・クラン・ディストリクト)と命名されるという。

間もなく誕生しそうな予感のヒップホップファンの新生地。改名以降ニューヨークに訪れた際には是非訪れてみてはいかがだろうか。

『HYPEBEAST』がお届けするその他の音楽関連トピックの数々もお見逃しなく。

Read Full Article
Source
GOTHAMIST

What to Read Next

未発表新作ランニングシューズ Nike Epic React Flyknit 2 のさらなるカラバリが明らかに
フットウエア

未発表新作ランニングシューズ Nike Epic React Flyknit 2 のさらなるカラバリが明らかに

2019年初頭発売が濃厚とされる話題作の新情報をチェック

開き直った? Drake が噂の隠し子の存在を自ら公に
ミュージック

開き直った? Drake が噂の隠し子の存在を自ら公に

Kanyeとの仲違いの原因となった息子に対して親バカっぷりすら披露する始末

ヴァージル・アブローが Nike とのコラボシリーズ “The Ten” の終わりを示唆
フットウエア

ヴァージル・アブローが Nike とのコラボシリーズ “The Ten” の終わりを示唆

数々の名作を生み出したコラボプロジェクトも遂に幕を下ろす?


Supreme x Nike より2018年のラストを飾るアメフト用グローブが登場
ファッション

Supreme x Nike より2018年のラストを飾るアメフト用グローブが登場

“SUPREME”のテキストを配置した本格的な競技用グローブ

Nike React Element 87 に一際ポップな新色モデル “Volt/Racer Pink” が登場
フットウエア

Nike React Element 87 に一際ポップな新色モデル “Volt/Racer Pink” が登場

濃淡が効いたカラーリングが目を引く2019年モデルをチェック

Nike より軽やかさと武骨さが共存するミリタリー調の Air VaporMax 2019 “Olive” が登場
フットウエア

Nike より軽やかさと武骨さが共存するミリタリー調の Air VaporMax 2019 “Olive” が登場

計算し尽くすことで快適な履き心地を実現したAir VaporMax 2019の新色モデルをチェック

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。