現役時代のコービー・ブライアントが審判の説得に用いた驚愕の殺し文句とは?

レフリーも納得の笑撃的な“マンバメンタリティ”

By
スポーツ

2016年にNBAを引退し、約1年前の2017年にその背番号が永久欠番となった元ロサンゼルス・レイカーズのスーパースター、Kobe Bryant(コービー・ブライアント)。Kobeのバスケットボールに対する情熱やストイックな姿勢は“マンバメンタリティ”と呼ばれ、多くの若手プレイヤーに影響を与えている。

先述の永久欠番式1周年を記念し、Kobeのハイライト映像などを取り上げるメディアが多かったが、元NBA選手のRichard Jefferson(リチャード・ジェファーソン)は、自身が解説を務めたレイカーズ戦でKobeに纏わる面白エピソードを明かした。

その内容とは、とある試合でKobeが相手チームからファウルを受け、それがシュート態勢であったか、パスであったかをレフリーが審議。シュート態勢に入っていれば、フリースローとなるわけだが、Kobeはレフリーにかけ寄り「俺はこの試合を通して一回もパスしていないだろ」と直訴。そしてその主張が認められ(?)Kobeにフリースローが与えられる結果に。Jeffersonは、「Kobeの主張に対してレフリーは辺りを見回しながら“それもそうだな、彼にフリースローを与えよう”って感じだった、とても理にかなっているよね」と笑いながら当時を振り返った。Kobeはレイカーズを5度の優勝に導いているが、キャリアを通してセルフィッシュな選手としてのレッテルが付いて回り、シュートを打ち過ぎると批判されることがしばしばあった。

これを機にKobeのキャリア20年のベストプレー集も振り返ってみてはいかがだろうか。

Read Full Article

What to Read Next

Nike が自動シューレース調整システムを備えたバスケットシューズの構想を明らかに
フットウエア

Nike が自動シューレース調整システムを備えたバスケットシューズの構想を明らかに

気になる価格帯は初代HyperAdapt1.0の半分以下

ラフ・シモンズが CALVIN KLEIN のクリエイティブオフィサーを退任することに
ファッション

ラフ・シモンズが CALVIN KLEIN のクリエイティブオフィサーを退任することに

鬼才ラフ・シモンズの先鋭的なデザインとその価格帯がブランドの顧客にマッチしていなかった模様

福島の住宅街に出現した“窓の無い”モダンな低層住宅をチェック
デザイン

福島の住宅街に出現した“窓の無い”モダンな低層住宅をチェック

コンクリートで覆われた外見とは裏腹に内側に広がるのは温もりあるモダンな空間


DJ Khaled 自慢のスニーカー御殿が約9億円で売却へ
デザイン

DJ Khaled 自慢のスニーカー御殿が約9億円で売却へ

残念ながらスニーカーは別売りです

BOSTON CLUB より1980年代の空気感をはらんだ2018年秋冬ルックブックが到着
ファッション

BOSTON CLUB より1980年代の空気感をはらんだ2018年秋冬ルックブックが到着

クラシカルかつモダンな表情に仕上げられた計5モデルの新作フレームをチェック

Girls Don't Cry と READYMADE が GR8 でコラボカプセルをゲリラリリース
ファッション

Girls Don't Cry と READYMADE が GR8 でコラボカプセルをゲリラリリース

肉厚なボディを採用したフーディとTシャツに加え、パドロックネックレスも登場

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。