Interviews:大友克洋が語る『AKIRA』アートウォールから Kanye West そして Supreme とのコラボレーションまで

公開30周年を迎えた『AKIRA』への想いや〈Supreme〉とのコラボ実現に至るまでの裏話を明らかに

By
アート 

2018年、アニメ『AKIRA』が誕生30年周年を迎えた。国境を超え各地にカルト的フォロワーを持つ作品であり、世界的クリエイター・大友克洋氏の言わずと知れた代表作である。1988年に劇場公開されて以来、架空の都市“ネオ東京”を舞台に荒廃した近未来を描いたSFアニメはモダンカルチャーに多大な影響を与えてきた。特に欧米での人気が高く、アメリカやイギリスでは、同作品をキッカケに日本のカルチャーへのめり込む若者が多数出現。また『AKIRA』がストリートウェアに与えたインパクトは計り知れず、数あるファッション業界とのコラボレーションのなかでも、2017年秋にリリースされた〈Supreme(シュプリーム)〉とのコレクションが特筆すべき存在だろう。

去る2018年10月にアメリカ・ニューヨークで開催された『HYPEBEAST』初の大型イベント「HYPEFEST」には、多くの著名人が来場したが、そのなかに、大友氏とコラージュアーティストの河村康輔氏の姿もあった。二人は「HYPEFEST」内で“AKIRA ART PROJECT TYO/NYC”を開催しており、作品の展示だけでなく、2019年カレンダーの限定販売も行なっていた。ご存知の通り、『AKIRA』の舞台は2019年。カレンダーは全てシリアルナンバー入りとなり、特典にステッカーが付いたスペシャルパッケージ仕様。そして展示作品は、東京・原宿の名物ストア『GR8』と『Gallery X by Parco』との共同制作。

我々『HYPEBEAST』では、大友氏と河村氏の2人にインタビューを敢行。『AKIRA』に纏わる様々なエピソードはもちろんのこと、「HYPEFEST」での巨大アートウォールについても語ってもらった。下記より、両氏のインタビューを早速ご覧いただきたい。

“『AKIRA』に関しては、イラストからアニメーション、コミックまで全てを誇りに思っています”

 

『AKIRA』の劇場公開から30年が経ちました。ご自身が打ち立てた“金字塔”に対し、最も誇らしく感じていることは何でしょうか?
大友: 30年の間、『AKIRA』のことだけを考えていたわけではありません。ただ、『AKIRA』があったからこそ、他のプロジェクトを追求することができたのかなとも思っています。特に作品の完成以降は。『AKIRA』に関しては、イラストからアニメーション、もちろんコミックまで、全てを誇りに思っています。そこに順位は付けられません。やること全てにベストを尽くしています。全てを誇りに思いますよ。

“ネオ東京”は2019年の東京が舞台でした。いよいよ来年は2019年です。作品と現実世界において、何か共通点を見出していますか?
大友: 『AKIRA』はSF作品ですから、当然ながら様々なことを大袈裟に描きました。なので、私たちが生きている現実世界とは繋がっていないと思います。“ネオ東京”は私が創り出した世界以外の何ものでもないので。

“河村さんが〈Supreme〉を紹介してくれてコラボすることを決めました”

 

Kanye West(カニエ・ウェスト)は、大友さんの大ファンだと公言しています。彼とはどんな関係なんでしょうか?(『AKIRA』にインスパイアされたとされる)“Stronger”のミュージックビデオについて、何かアドバイスを送ったりしましたか?
大友: あまり彼のことは知らないんですが、一度東京で会いました。とてもシャイで、礼儀正しい人でした。一緒にお酒も飲んだんですけど、とても楽しかったですよ。私自身はミュージックビデオに関係していませんが、もちろん見ました。『AKIRA』の世界でしたね。驚きました。

〈Supreme〉とのコラボレーションについても聞かせていただけますか?
大友: 『AKIRA』とのコラボTシャツを作りたいというブランドはたくさんありました。同時に、たくさんの偽物が出回っているのも知っていました。そんななか、河村さんが〈Supreme〉を紹介してくれて、コラボすることを決めました。会うたびにコラボレーションをしたい旨を伝えて、昨年のリリースが実現したんですよ。

河村さんは、どのようにして大友さんと〈Supreme〉を繋いだんでしょうか?
河村: 以前、Sk8thing(スケートシング)と仕事をしたとき、「Supremeは大友さんとのコラボに興味を持っている」と言っていたんです。それから、何度も大友さんに相談しました。もちろん好きなブランドでしたし、何かできたらいいなとも思っていました。コラボレーションの実現までは3年くらいかかりましたね。

“1つのアニメから、あれだけ大きなアートウォールを生み出したというのも興味深いです。アニメや漫画は基本的には本のなかのものですからね。”

 

「HYPEFEST」で販売したアートウォールカレンダーについても聞かせてください。
河村: まず渋谷にコラージュアートを作ったんです。その後、大友さんにイベントの件を伝え、それをもとにカレンダーを作りたいってことになったんですよ。そうやってプロジェクトがスタートした感じですかね。

アートワークのテーマを教えていただけますか?
大友: 過去のイラストをコラージュしました。どれを使うかは、1つずつ自分で選びましたね。アートウォールは3パターンあります。アニメの流れに沿っているのではなく、個々のミックスです。カレンダーでは、巨大なアートウォールを1枚のポスターに仕上げました。

『AKIRA』にとっては、史上最大のアートウォールだと思います。このプロジェクトにおいて、特に難しかったことはありましたか?
大友: 「HYPEFEST」で展示したものは、渋谷の2倍大きかったんです。とにかく大きなインパクトを持たせたかったので、チャレンジするのみでしたね。だからこそ、あの大きさにしたんです。1つのアニメから、あれだけ大きなアートウォールを生み出したというのも興味深いと思います。アニメや漫画って、基本的には本のなかのものですからね。

View this post on Instagram

Katsuhiro Otomo x Kosuke Kawamura @hypefest

A post shared by GR8 PR (@gr8_pr) on

Read Full Article
Translator
Hikaru Kagurazaka

What to Read Next

押さえておきたい今週の必読記事5選
ファッション 

押さえておきたい今週の必読記事5選

『HYPEBEAST Magazine』発売を祝したVERDY主催のイベントレポートからファレルと〈Chanel〉のコラボ発表、〈Supreme〉のトランプ大統領を批判するTシャツまで今週を総ざらい

各界のキーパーソンが多数出演する Apple の最新キャンペーンムービー “Behind the Mac” が公開
テック

各界のキーパーソンが多数出演する Apple の最新キャンペーンムービー “Behind the Mac” が公開

ポール・マッカートニーからヴァージル・アブロー、セリーナ・ウィリアムズまで顔を揃える最新ムービーをチェック

Supreme x COMME des GARÇONS SHIRT 2018年秋ラストを飾る Air Force 1の有力情報をキャッチ
フットウエア

Supreme x COMME des GARÇONS SHIRT 2018年秋ラストを飾る Air Force 1の有力情報をキャッチ

海外での発売日は当初の噂通りとなる模様


Swizz Beatz と VERBAL が語るヒップホップという文化と現代に秘めた可能性
ファッション 

Swizz Beatz と VERBAL が語るヒップホップという文化と現代に秘めた可能性

〈Bally〉とのコラボレーションに際して来日したヒップホップ史上最も偉大なプロデューサーの1人が10年来の仲にあるVERBALと再会を果たし、80年代ストリートと現代音楽シーンについて朝まで語り明かす

PALACE 2018年冬コレクション発売アイテム一覧 - Week 5
ファッション

PALACE 2018年冬コレクション発売アイテム一覧 - Week 5

11月3日(土)午前11時に日本版公式オンラインストア発売を迎えるアイテムの数々をフルラインアップでご紹介

100体を超える KAWS の激レアフィギュアがオークションに登場
アート

100体を超える KAWS の激レアフィギュアがオークションに登場

マニアにとっては垂涎の的となる入手困難なフィギュアが一挙集結

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。