カナダで娯楽用としてのマリファナ所持と使用が国全体で合法化

10月17日より主要7カ国(G7)の中で初、世界で見れば2カ国目のマリファナ合法国家に

By
ライフスタイル

上下両院が関連法案を可決、トルドー首相が2018年6月にその合法化を発表していたカナダのマリファナ(大麻)事情。その発表から約4ヶ月後の10月17日(現地時間)、ついに国内における嗜好品としての大麻所持/使用が合法化された。

主要7カ国(G7)の中で初、国家として娯楽目的のマリファナ使用を完全に合法とするのはウルグアイに次ぐ世界2カ国目。カナダ人のマリファナ使用率の高さは世界屈指とも言われており、今回のマリファナ解禁も無論決して軽んじたものではなく、若者が(これまで違法であった)マリファナを容易に入手できる社会状況や、それを資金源などにするギャングが蔓延する現状を打破する施策として、トルドー首相はマリファナ合法化及び、政府の管理のもとでの規制対象化を公約に掲げていた。

今回の合法化に伴い、カナダ政府は成人に政府認可生産者からの購入と最大30グラムまでのマリファナ所持および世帯あたり(一部地域を除く)4株までの栽培も認可。一方で未成年への販売や譲渡には最大14年の禁錮刑を科すともしており、未成年絡みのものを対象にした取締はもちろん厳しいものとなっている。

ここ数年で大きな変貌を見せ続ける世界のマリファナ事情。日本にもこの世界的な波が及ぶのか否かは不明だが、例え合法国家内であっても日本人がマリファナを所持することは無論違法行為なので、その点もお忘れなく。

Read Full Article

What to Read Next

UPDATE:John Elliott x Nike による最新コラボ Air Force 1 が一般販売に先駆け先行リリース
フットウエア

UPDATE:John Elliott x Nike による最新コラボ Air Force 1 が一般販売に先駆け先行リリース

〈John Elliott〉らしいレイヤードに特化したクリーンすぎるAF1の登場(UPDATE:海外における一般販売の情報が解禁)

Streetsnaps:Shanghai Fashion Week Spring/Summer 2019
ファッション 

Streetsnaps:Shanghai Fashion Week Spring/Summer 2019

〈Off-White™️〉や〈COMME des GARÇONS〉を筆頭に、アイコニックなアイテムが目立った上海のストリートスタイルをチェック

ウサイン・ボルトに欧州のプロサッカークラブが2年契約を提示
スポーツ

ウサイン・ボルトに欧州のプロサッカークラブが2年契約を提示

直近8シーズンで5回の優勝を成し遂げたリーグ屈指の強豪が世界最速の男に真剣オファー


atmos x adidas よりスポーティーかつ都会的にしつらえられた2種類の新作セットアップがリリース
ファッション

atmos x adidas よりスポーティーかつ都会的にしつらえられた2種類の新作セットアップがリリース

大反響を得た昨年に続き、今年も強力タッグよりコラボアパレルが登場

Jordan Brand がラッパーの Travis Scott を起用した最新 Air Jordan 33 のローンチ映像を公開
フットウエア

Jordan Brand がラッパーの Travis Scott を起用した最新 Air Jordan 33 のローンチ映像を公開

AJ4などのコラボモデルで知られる人気ラッパーがAir Jordanの新シーズンをアナウンス

Apple 渋谷のリニューアルオープン日が決定
テック

Apple 渋谷のリニューアルオープン日が決定

2017年末より休業していた“日本で最も店舗規模が小さいApple直営店”が進化を遂げて渋谷に帰って来る

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

AdBlockが有効になっているのを検出しました

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。