建築界の鬼才 坂茂が手がけた開放感溢れる高級マンションをチェック

木のぬくもりと太陽光を独り占めできる集合住宅のお値段は、およそ300万ドル(約3億4,000万円)

Design

阪神淡路大震災後に建設された神戸の『紙のログハウス』や長野県の『壁のない家』、ドイツの『ハノーバー万国博覧会 日本館』、フランスの『ポンピードゥ・センター・メス美術館』など、今や世界中から引っ張りだこの建築家・坂茂(ばん しげる)。今回、そんな建築分野における最高峰のプリツカー賞や2017年度の紫綬褒章といった名誉ある賞を総なめした建築界の鬼才が手がけるハイブリッドな集合住宅『テラスハウス』の全貌が明らかとなった。

カナダ・バンクーバーに建設される同住居は、ウッドとホワイトをベースに温かみのある色合いで統一し、あえて壁を設けずUV加工を施したガラス窓を採用することで開放感のある空間に。また、外へ向かってせり出したバスルームに併設されたバルコニーからは、湖越しに光煌めく市街を一望できるようだ。この住居に対し「PortLiving」社のCEOであるMacario Reyes(マカリオ・レイズ)は、「このテラスハウスは、滋賀銀行の象徴的なデザインを活用した芸術的な住居であり、デザインだけでなく博物館級の空調設備やUV保護といったスマートな日常を過ごすための生活環境も文句のない作りだ」と述べている。ひとまず上のフォトロールより、限られた者だけが住むことができる極上の『テラスハウス』の全貌をチェックしてみよう。

その他、『HYPEBEAST』が贈るアーティスティックな建築物は、こちらからご確認を。

Read Full Article
More

What to Read Next

Back To Film:初来日したラッパー Desiigner が過ごした東京の夜
Music 

Back To Film:初来日したラッパー Desiigner が過ごした東京の夜

気になる今後のコラボプロジェクトや、音楽を志すきっかけを聞いたインタビューも

エロス、ユーモア、ホラーが織り交ざった佐伯俊男のアートエキシビジョン “雲然”
Arts

エロス、ユーモア、ホラーが織り交ざった佐伯俊男のアートエキシビジョン “雲然”

1970年代の作品、新作、そして大型の壁画が見られる佐伯氏過去最大規模の個展

絶好のロケーションに建つ建築家・隈研吾が設計を手掛けた静岡県のカフェをチェック 
Design

絶好のロケーションに建つ建築家・隈研吾が設計を手掛けた静岡県のカフェをチェック 

全面ガラス張り&店舗中央に建つ見事な一本柱で“木”を表現


Rolls-Royce のファントムがまさかのオフロード仕様 6x6 SUV に大変身!?
Automotive

Rolls-Royce のファントムがまさかのオフロード仕様 6x6 SUV に大変身!?

美しいフォルムを維持しながら、景観を損なうことなくクロスカントリーヴィークルのエッセンスを注入

ONLY NY によるレーベル Stanton Street Sports が過去最大量の新作をローンチ
Fashion

ONLY NY によるレーベル Stanton Street Sports が過去最大量の新作をローンチ

フード付きコーチジャケットから靴下まで

House of Vans Paris の会場ってどうなってたの?
Fashion

House of Vans Paris の会場ってどうなってたの?

パリで開催された〈Vans〉によるスケートボーディング、アート、音楽の祭典

More ▾