1日限りで開催されるカナダ発気鋭カルチャー誌 Sneeze Magazine の東京ポップアップに潜入

1月13日(土)の1日限りで販売されるスペシャルアイテムの数々にフォーカス

Fashion  

先日『HYPEBEAST』でもその開催をお伝えしたカナダ発のタブロイド型カルチャー誌『SNEEZE Magazine(スニーズ マガジン)』による、東京・原宿の『SO1』での1日限りのポップアップイベント、“2018: A POP-UP”。不定期でリリースされるオリジナルアイテムも絶大な人気を博す『SNEEZE』だが、今回『HYPEBEAST』ではそのポップアップ会場の潜入に成功。本稿では会場にて販売されるアイテムの数々をご紹介する。

今回のような規模感でのイベントを日本で開催するのは初という『SNEEZE』による同ポップアップは、東京・池ノ上に店舗を構える『MIN-NANO』&代々木上原と代々木八幡の中ほどに店舗を構える『SUPPLY / BACKDOOR』からなる東京のファッション/カルチャーシーンにおいて欠かすことのできないリテーラー2店舗がバックアップ。そしてその会場にて販売される注目アイテムとは、2017年12月に登場して『SNEEZE』のWebサイトでは即完した55cm×78cmの大判カレンダーやTシャツ、ロングスリーブTシャツ、5枚入ステッカーパック、各種スケートデッキといったアイテムの数々。スケートデッキもしくはカレンダーを購入した方には同郷カナダ発のバッグブランド〈TAIKAN(テイケン)〉とのコラボ大判トートバッグが付属するとのことなので、ご都合の合う方は是非足を運んでみてはいかがだろうか。

SNEEZE PRESENTS 2018: A POP-UP
日時:1月13日(土)12:00-20:00
会場:SO1
住所:東京都渋谷区神宮前6-14-15

- 販売アイテム(価格は全て税別)
SNEEZE N°34 (2018 CALENDAR):5,000円
LOGO SLEEVE TEE:6,000円
LONG SLEEVE TEE:6,000円
STICKER PACJ 5P:6,000円
SKATEBOARD:8,000円/10,000円/30,000円

※支払いは現金のみ

Read Full Article
More

What to Read Next

イラストレーター金安亮 x Goodhood x BEAMS T がイギリスの伝説的ミュージシャンにトリビュートを捧げるコラボコレクションをリリース
Fashion

イラストレーター金安亮 x Goodhood x BEAMS T がイギリスの伝説的ミュージシャンにトリビュートを捧げるコラボコレクションをリリース

Joy Divisionの故イアン・カーティス、The Smithsのモリッシー、デーモン・アルバーン率いるBlur、Primal Screamのボビー・ギレスピーら英国の代表アーティストをフィーチャー

AMI Alexandre Mattiussi よりビビッドな色彩が目を引く2018年春夏キャンペーンビジュアルが到着
Fashion

AMI Alexandre Mattiussi よりビビッドな色彩が目を引く2018年春夏キャンペーンビジュアルが到着

アイコニックなテキストグラフィックTシャツやスニーカーを筆頭にコーデの主役顔アイテムが多数ラインアップ

Vans と中国の新鋭ブランド SANKUANZ による戌年モチーフのコラボフットウェアコレクションが登場
Footwear

Vans と中国の新鋭ブランド SANKUANZ による戌年モチーフのコラボフットウェアコレクションが登場

Style 36、Era、Classic Slip-Onをベースモデルにした計4足がラインアップ


アメリカ発の Vanderhall Motor Works より男心をくすぐる電気式三輪車 Edison が登場
Automotive

アメリカ発の Vanderhall Motor Works より男心をくすぐる電気式三輪車 Edison が登場

爽快な走り心地とレトロな風貌がクセになる先進的な一台は必見

ユースを軸にロマンティシズムを感じさせる Dior Homme 2018年サマーキャンペーン
Fashion

ユースを軸にロマンティシズムを感じさせる Dior Homme 2018年サマーキャンペーン

英シンセポップデュオPet Shop Boysや米俳優のチャーリー・プラマーらをモデルに起用

クラシカルなデザインをグラフィックで現代的に仕上げた PLEASURES x monkey time の最新カプセル
Fashion

クラシカルなデザインをグラフィックで現代的に仕上げた PLEASURES x monkey time の最新カプセル

コンセプトは1980年代末~90年代初頭にかけて音楽シーンに多大な影響を与えたエレクトロニカ

More ▾