Rolls-Royce のファントムがまさかのオフロード仕様 6x6 SUV に大変身!?

美しいフォルムを維持しながら、景観を損なうことなくクロスカントリーヴィークルのエッセンスを注入

オート
47,943 Hypes

Rolls-Royce(ロールス・ロイス)」が自動車業界屈指の高級メーカーであることについて、今さら説明をする必要もないだろうか。大胆さと自信、流麗な優雅さを全て兼ね備え、Ian Cameron(イアン・キャメロン)率いるデザインチームが直観的に“それ”と判別できるよう開発されたブランドの代名詞、Phantom(ファントム)は一台5,000万円超え。また、過去にリリースされた15セット限定のカクテルキットでさえ約550万円もするのだから、その贅沢加減は常人の理解の範疇を遥かに超越してしまっている。

インド人デザイナー Vivek(ヴィヴェック)は、その高級メーカーの輝かしい歴史に敬意を表し、「もし、Rolls-Royceがオフロード車両を製造するとしたら」とイメージし、3車軸仕様のRolls-Royceコンセプトを制作。Phantomの第8世代として2019年に登場予定の新型SUVにオマージュしたかのような同コンセプトは、1930年代から高級車の代名詞の地位を貫くイギリス発祥のメーカーの美しいフォルムを維持しながらも、高めの車高設定と4つの後輪で景観を損なうことなくクロスカントリーヴィークルのエッセンスを注入している。

夢のあるVivekのコンセプトは、上のフォトギャラリーから。また、この機会に「Rolls-Royce」が今年発表した史上最も高級な自動車、Sweptailについてもあわせてご確認を。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。