hype cog

リアム・ギャラガーが Lollapalooza フェスにて3曲演奏後に突如立ち去る

今月日本では「SUMMER SONIC EXTRA」、「SONIC MANIA」、「SUMMER SONIC OSAKA」の出演を控える

シカゴの『グラントパーク』で現在開催中の世界最大の音楽フェスティバル「Lollapalooza(ロラパルーザ)」にて昨日、元Oasis(オアシス)でUKロック界のカリスマ的存在、Liam Gallagher(リアム・ギャラガー)が15〜20分ほどパフォーマンスした後、突然ステージを去ってしまった。3曲を演奏後に残りのステージは急遽キャンセルされ、オーディエンスからは“Fucking Liam!”コールが。この件についてLiamは自身のTwitterにて「シカゴのLollapaloozaでのギグに来てくれたみんなに申し訳ない。昨夜は大変なギグで声がおかしくなっちまったんだ。とてもショックだ」と言及した。下よりLiamの謝罪ツイートやLiamに取り残されたファンの様子を見てみよう。

Liamは今週末にカナダ・モントリオールでの「Osheaga Festival (オシェアガ・フェスティバル)」、日本では今月17(木)の「SUMMER SONIC EXTRA」、18日(金)の「SONIC MANIA」、20(日)の「SUMMER SONIC OSAKA」に出演を控えている。また、Liamのソロデビューアルバム『As You Were』は10月6日(金)にリリースされるとのこと。

『HYPEBEAST』がおすすめする今年の注目の夏フェスリストをまだチェックしていない方はこちらからどうぞ。

SourcePITCHFORK
Image CreditTimothy Hiatt/Getty Images
Read Full Article

What to Read Next

今年6月に急逝した Mobb Deep の Prodigy の死因が判明
Nike の CEO マーク・パーカーが71%の大幅減給
UPDATE: メッシュ素材で再構築された Nike SF-AF1 Mid ニューモデルのビジュアルが登場
NYにあるアレキサンダー・ワンの豪邸内部に迫る映像が公開
アジア初の Jordan Brand ストアが韓国・ソウルに本日オープン
Load More