Supreme x Louis Vuitton のロンドンローンチをレポート

感度の高い紳士&淑女たちの人気の中心はもちろん、〈Supreme〉を象徴するクラシックレッドのアパレル

ファッション
5,782 Hypes

ルックブックアイテム一覧の公開を終え、ついにローンチを迎えた〈Supreme(シュプリーム)〉x〈Louis Vuitton(ルイ ヴィトン)〉による世紀のコラボレーション。かつてはニューヨークを拠点とするスケーターたちからのリアルで辛辣な意見に同意する声もあったが、一度発売が開始されるや否や、両者は世界のファッションフリークの視線を独占した。もちろん、トレンドの震源地のひとつであるロンドンも例外でなく、ファンたちは目当ての逸品を求め、開店前には予想通りの長蛇の列が完成。立ち上げに駆けつけた『HYPEBEAST』のUKチームからの報告によると、やはり人気の中心はボックスロゴのTシャツとフーディ、ベースボールシャツなどを含む赤を基調としたアイテムだったようだが、この機会を逃すまいとアパレルと共にウォレット、スカーフ、サングラスなどのアクセサリーもあわせて購入する人たちも多く見受けられたという。

感度の高い紳士&淑女たちが一堂に会したロンドンでのローンチの模様は、上のフォトギャラリーをチェック。

Read Full Article

次の記事を読む

Louis Vuitton よりウエスタンスタイルのLV トレイナーがリリース
フットウエア

Louis Vuitton よりウエスタンスタイルのLV トレイナーがリリース

シャフトの前後にネイティブアメリカンの間で信仰されるサンダーバードの柄が刺繍

Louis Vuitton x NBA のコラボコレクション第2弾が発売間近
ファッション

Louis Vuitton x NBA のコラボコレクション第2弾が発売間近

プロバスケットボール選手の遠征、試合、記者会見で着用するワードローブがテーマ

Louis Vuitton が世界第2号店となるカフェを併設した銀座並木通り店をオープン
ファッション

Louis Vuitton が世界第2号店となるカフェを併設した銀座並木通り店をオープン

なめらかに波打つようなガラスのファサードなど港湾都市としての東京がテーマに


HYPEBAE INVITE ONLY : LOUIS VUITTON & 編
ファッション 

HYPEBAE INVITE ONLY : LOUIS VUITTON & 編

日本を代表するアーティストたちとのコラボの歴史を紹介する〈Louis Vuitton〉エキシビジョン

WACKO MARIA から完全一点もののタイダイTシャツがリリース
ファッション

WACKO MARIA から完全一点もののタイダイTシャツがリリース

アメリカで買い付けたボディにグラフィックプリントを施した完売必至の限定アイテム

MAGIC STICK x A.D.S.R. の名タッグより LARKIN の完全別注モデルがゲリラリリース
ファッション

MAGIC STICK x A.D.S.R. の名タッグより LARKIN の完全別注モデルがゲリラリリース

モデルにはA$AP MobのDJユニット Cozy Boysを起用

Jay Z の最新アルバム『4:44』のストリーミング配信がスタート
ミュージック

Jay Z の最新アルバム『4:44』のストリーミング配信がスタート

自身の不貞をBeyoncéに謝罪する一枚にはFrank Ocean、JAY-Zの母、Damian Marleyとのフィーチャー曲を含んだ全10曲を収録


現代最高のインディーバンド The xx x BEAMS のコラボコレクションが発売決定
ファッション

現代最高のインディーバンド The xx x BEAMS のコラボコレクションが発売決定

7月27日(木)の発売日には『ビームス 原宿』でサイン会を予定

著名タトゥーアーティスト2人が海外セレブリティたちのタトゥーを批評
エンターテインメント

著名タトゥーアーティスト2人が海外セレブリティたちのタトゥーを批評

「(ジャスティン・ビーバーのタトゥーについて)これは悪趣味」

藤原ヒロシとのコラボピースにも注目なピアスブランド CAREERING
ファッション

藤原ヒロシとのコラボピースにも注目なピアスブランド CAREERING

アートディレクションを松田翔太、写真を小浪次郎が担当したブックレットも

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします