hype cog

ファッション、音楽、文学、アートが融合したロシアの新鋭ストリートウェアレーベル〈Crime x Punishment(クライムアンドパニッシュメント〉から記念すべきファーストコレクションがローンチ。Fyodor Dostoevsky(フョードル・ドストエフスキー)による不朽の名作小説『Crime and Punishment(罪と罰)』にインスパイアされ、ブランド創設者のMichael Sidorov(ミハイル・シドロフ)とLeonid Vilner(レオニード・ヴィルナー)はロシア文化の顕著なシンボルをモダンなシルエットに落とし込んだ。ミステリアスで独特な空気を放つこれらの服は、レニングラード州の第二矯正施設とイジェフスクの第八矯正施設の囚人たちの手によって部分的に生産されている。“Цел и Невредим”というコレクションタイトルは日本語で“無事に”という意味に訳され、また2009年にサンクトペテルブルクで創設されたクリエイティブデュオの“Safe’n’sound”を指している。ストリートウェアのエッセンシャルであるスウェットシャツ、フーディ、ベスト、ロングスリーブTシャツ、Tシャツをラインアップし、それぞれにDostoevskyの言葉の引用やロシア文化のシンボルが刺繍モチーフで配されている。上のギャラリーからロシア文化が色濃く反映されたルックたちをチェックしよう。

Image CreditCRIME X PUNISHMENT
Read Full Article

What to Read Next

thisisneverthat 2017年サマールックブック
スペイン最大のスニーカーイベント、DASHAPE にフォーカス
adidas Originals から NMD_CS2 “Pearl Grey” パックが新登場
ZOZOTOWN 代表の前澤友作がバスキア作品を約123億円で落札
A.D.S.R. が AUGUST ALSINA のシグネチャーモデルをリリース
Uniqlo と Theory による最新コラボコレクションが登場
Load More