リアーナのドタキャン後、急遽マリファナ工場で撮影を敢行したユルゲン・テラーによる最新エディトリアル

タイトルは“Waiting for Rihanna(リアーナを待っている)”

By
ファッション

有名なファッションフォトグラファーのJuergen Teller(ユルゲン・テラー)は、『System Magazine』のカバーシューティングのためにRihanna(リアーナ)をもともと撮影する予定であった。しかしRiは体調不良を理由に撮影をドタキャンする事件が起きてしまった。そして撮影は中止されると誰もが思っていたが、ユルゲンは急遽ブラジル人モデルのRaquel Zimmerman(ラケル・ジマーマン)をブッキングし、カナダにあるマリファナ工場で撮影を敢行。“Waiting For Rihanna”と名付けたエディトリアルを完成させた。

そこで『DAZED』は『System Magazine』のファウンディングエディターであるElizabeth von Guttman(エリザベス・ヴォン・ガットマン)にインタビューを行い、現場の様子やユルゲンについて語ってもらった。

ユルゲン・テラーとの撮影現場はどうでしたか? 特にリアーナの体調不良のニュースが届いた時はどうでしたか?
Elizabeth von Futtman: 正直、ニュースを最初聞いた時は不信感が湧き、方向感覚を失ってしまった状態でした。その時点でほとんどのフォトグラファーは飛行機に乗って、帰ってしまいますがユルゲンの好奇心とピンチをチャンスに変えたいという欲望がとても強いのです。そして我々の脆弱性と絶望感を明確なエネルギーと自由な創造性に切り替えてくれたユルゲンは見事でした。

『DAZED』によるフルインタビュー(英文)を読みたい方はこちらからチェックしよう。

Read Full Article
Image Credit
JUERGEN TELLER/SYSTEM MAGAZINE

What to Read Next

Pharrell と adidas Originals の新作 Human Race はホワイト/ピンクのフレッシュな仕上がり
フットウエア

Pharrell と adidas Originals の新作 Human Race はホワイト/ピンクのフレッシュな仕上がり

Stan Smithを彷彿させる春夏シーズンにぴったりなカラーウェイ

ドローンが雷に打たれたらどうなる?
テック

ドローンが雷に打たれたらどうなる?

ドローン vs 雷……勝利を勝ち取ったのは?

パーソナルアシスタントの役目を果たしてくれる鏡
テック

パーソナルアシスタントの役目を果たしてくれる鏡

部屋の温度が暑すぎる? どこか美味しいレストランが知りたい? そんな時はAlbertがすべて解決


JAM HOME MADE の “POST PUNK” 新作アクセサリーに注目
ファッション

JAM HOME MADE の “POST PUNK” 新作アクセサリーに注目

ステーショナリーをモチーフにしたアクセサリーなどコンセプチュアルなラインアップ

Apple に糖尿病治療ツールの開発を行う極秘研究チームが存在
テック

Apple に糖尿病治療ツールの開発を行う極秘研究チームが存在

ウェアラブルデバイスに酸素レベル、心拍数、血糖値などを測定できるセンサーを搭載?

Kendrick Lamar の最新アルバム『DAMN.』の “ダサい” アートワークの背景にあるストーリーとは
ミュージック

Kendrick Lamar の最新アルバム『DAMN.』の “ダサい” アートワークの背景にあるストーリーとは

そのデザインを手掛けたグラフィックデザイナーのVlad SepetovがTwitterにて言及

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。