Nike より Air Max 1 “atmos elephant” がついに登場

ジャンプマンロゴが配された限定「AM1」&サファリ柄の「AJ3」からなるスペシャルなダブルパックも『atmos』にて限定発売

By
フットウエア

Nike(ナイキ)〉が「Air Max 1」の誕生30周年を記念して制作した“AIR MAX DAY”コレクションにラインアップする話題の1足「Air Max 1 “atmos elephant”」が、3月18日(土)についに発売開始を迎える。

昨年の3月に開催された過去29年間の「Air Max」モデル人気トップ100からお気に入りの1足を選んで投票する“VOTE BACK”で見事1位に輝き、満を持しての復刻リリースを今回迎えるこの1足。「Air Jordan 3」のアイコニックなエレファント柄をブラック/ホワイトのスエードとレザー素材のアッパーに重ね、象の水浴びからインスピレーションを得たという淡いエメラルドカラーのスウッシュが目を引くこの「Air Max 1」は、2007年にそのオリジナルモデルがリリースされるやいなや世界中のスニーカーヘッズを釘付けにした伝説の1足だ。

atmos』のディレクター兼クリエイティブディレクターを務める小島奉文氏は今回の復刻リリースに際し、そのシューズや「Air Max」カルチャー、「Air Jordan」シューズへの思いを以下のように語っている。

- Air Max 1というモデルはどのような意味を持ちますか? また、 デザインの世界やスニーカーカルチャーにおいて、どのような重要性があると思いますか?

Air Maxシリーズは、私がスニーカーに興味を持つきっかけとなった重要な役割を持ちます。その中でもAir Max 1は、そのシリーズ第1弾となる記念すべき1足。atmosにとっても、スニーカーカルチャーにとっても、これからも語り継がれていく外せない歴史的1足だと思います。

- (テクノロジーとして、またアウトソールの種類としての)Air Maxについてはどう思いますか?

これからもAir Maxシリーズは進化を続けて欲しいですし、刺激的なプロダクトを期待しています。

- このコラボレーションには、どのようなアプローチで取り組みましたか?また、何をきっかけに配色を決めましたか?

当時のNIKE JAPANの担当の人達と、マーケットにインパクトを与えるクレイジーでバカっぽいのを作ろうって話だったと思います。ちょうどNIKEのVINTAGEのZEBRA柄のKIDSシューズが手元にあって、それを元に動物園をコンセプトにアニマル柄のシューズを作ろうってことになりました。

- なぜ象柄を使ったのですか?また間接的ではありますが、Air Jordanモデルの伝統やそのデザイン要素をAir Max 1に関連付けたのはなぜですか?

―私が初めて買ったJordan Brandのシューズは、Air Jordan 1 Chicago 1994年モデルであり、マイケルジョーダン世代でした。そんな中、Air Jordan 3は私自身が好きなモデルであり、象柄をシューズに初めて使ったモデルでもあります。今回のAir Max 1 “atmos elephant”は動物園をコンセプトに考えられた3部作の中の1つであり、象の水浴びをコンセプトにデザインしました。

- デザインを終えた後に、ここにこういう要素を入れれば良かったと思ったことはありましたか?

100%の完成度だと思っています(笑)。強いて言えばスウッシュのJADEの素材がパテント素材でなく、プレミアムレザーが良かったかなと思ってます。

- なぜこのAir Max 1 “atmos elephant”は、今でもファンに強い支持を得ていると思いますか?

Air Max × atmosシリーズ全般に言える事ですが、当時スポーティなランニングシューズだったAir Maxをファッション的視点、スニーカーヘッズ的視点で、素材やカラーリングを巧みにアレンジしたことが大ヒットの要因だと思っています。そんな商品がマーケットに少なかった時代で、先駆けでしたね。またインターネットも今ほど普及していなかった中で、ローカルな商品でCO JPと呼ばれる日本限定商品でしたので、そのあたりも熱狂的な世界中のスニーカーヘッズ達が欲しがった理由でもあるかと思います。今はどのメーカーも基本、世界中で同じ物が売れられていますので、昔の宝探しの様な感覚はもう少なくなってきていますので、効率は悪いですが、東京オリンピックもありますし、ローカル限定のCOJPモデルはまた是非やりたいですね。

- 2017に復刻して欲しいシューズとして、投票で選出された時にはどう思いましたか?

もちろん嬉しいですし、スニーカーを生業としている自分にとってこれ以上無い大変光栄なことです。どれぐらい凄い事なのかの実感が正直そこまで湧かなかったのですが、僕以上に周りのスタッフ、友人達からのたくさんの祝福の連絡をもらい、実感が湧きました。

「Air Max 1 “atmos elephant”」は、3月18日(土)より『Sports Lab by atmos』・『MITA SNEAKERS』、『NIKE.COM/SNKRS』、その他一部のリテーラーにて発売開始。価格は17,280円(税込)。

また、日本国内においては『atmos』限定で「Air Max 1 “atmos elephant”」&「Air Jordan 3」からなる限定版の2足パック「atmos Air Jordan/Air Max Pack」も同日3月18日(土)に発売。この「atmos Air Jordan/Air Max Pack」に収められる「Air Max 1 “atmos elephant”」には〈Jordan Brand〉のアイコニックなジャンプマンロゴがあしらわれ、「Air Jordan 3」にはモデル史上初となるサファリ柄が落とし込まれているスニーカーヘッズ垂涎のスペシャル使用に仕上がっているとのこと。価格は54,000円(税込)。

併せて〈Nike〉が「Air Max 1 “atmos elephant”」の復刻リリースを祝して制作・公開した、『atmos』代表の小島奉文氏をフィーチャーしたスペシャルビデオもチェック。

Read Full Article

What to Read Next

UNDEFEATED がパフォーマンス仕様のアパレルコレクションをリリース
ファッション

UNDEFEATED がパフォーマンス仕様のアパレルコレクションをリリース

日頃のワークアウトで重宝したいものばかり

Fucking Awesome より若手最注目株スケーター、ショーン・パブロの新たなシグネチャーデッキが登場
デザイン

Fucking Awesome より若手最注目株スケーター、ショーン・パブロの新たなシグネチャーデッキが登場

彼らしくスタイリッシュでシックなデザイン

カリフォルニアで生産している大麻混合オリーブオイル
フード & ドリンク

カリフォルニアで生産している大麻混合オリーブオイル

女性4人組が手がける『Om Edibles』の注目商品


GO! by Nigel Sylvester × UNITED ARROWS & SONS の “Only Bicycles Can Go” コラボコレクション
ファッション

GO! by Nigel Sylvester × UNITED ARROWS & SONS の “Only Bicycles Can Go” コラボコレクション

動画シリーズ『GO!』をコンセプトにしたコレクション

Thrasher が米デニムブランド R13 のフレイムロゴ盗用を厳しく非難
ファッション

Thrasher が米デニムブランド R13 のフレイムロゴ盗用を厳しく非難

『Thrasher』から放たれた三度目の“Fuck off”

フロイド・メイウェザーがコナー・マクレガーとの対戦に向けて引退を撤回
スポーツ

フロイド・メイウェザーがコナー・マクレガーとの対戦に向けて引退を撤回

「全員携帯電話を出して、今から俺が言うことを録音してくれ」とファンを煽り、対戦時期にも言及

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。