フレイムロゴ盗用疑惑の H&M 側弁護士からの返答で Thrasher が再び激怒

再び放たれた『Thrasher』からの“FUCK OFF”

By
ファッション
12,914 Hypes

先日、『Thrasher(スラッシャー)』のアイコニックなフレイムロゴを〈Forever 21(フォーエバー 21)〉がデザイン盗用したことに対して『Thrasher』側が激怒、そして“FUCK OFF”というコメントと共に激しく非難したことをご紹介したが、今回そのフレイムロゴのデザイン盗用に関する『Thrasher』からの“FUCK OFF”が再び放たれた。そして今回その“FUCK OFF”が向けられた相手は、世界最大のファストファッションブランドの1つである〈H&M〉だ。

その問題となったアイテムは、“Trippin”の文字がプリントされた〈H&M〉のスウェットシャツであり、(そのワードセンスもなかなかいかがなものかとも思うが)そのフォントデザインは明らかに『Thrasher』のフレイムロゴを彷彿とさせる仕上がりとなっている。そして『Thrasher』側は既に〈H&M〉に対してこのデザイン盗用に関する抗議文を突きつけており、今回その問題のスウェットシャツと〈H&M〉側の弁護士からの返答を合わせた画像をInstagramにポスト。言うまでもなくそのキャプションには“FUCK OFF H&M”の文字、そして“Respect the original(オリジナルをリスペクトしろよ)”とのコメントが添えられている。

ちなみに『Thrasher』が〈H&M〉側の弁護士から受け取った返答を日本語にして要約すると以下のようなものとなる。

H&Mはこの“Trippin”というワードを単なるスウェットシャツの飾りに用いただけであり、指摘された内容には当たらないものと見なします。更に言えば“Trippin”と“Thrasher”という2つの言葉は音的にも字面的にも類似しているものではありません。両単語とも“T”から始まる単語ではありますが、それだけではこの異議を受理する理由には至らないと考えます。

ファッション業界やアートシーンにおける“オマージュ”と“パクリ”の境界線問題、音楽シーンにおける“盗作”と“サンプリング”の境界線問題は度々議論されているトピックである。『HYPEBEAST』読者の皆さんはこの問題についてどのような考えをお持ちだろうか。

Read Full Article

What to Read Next

東京とベルリンで交わされたBMXライダー上原洋とアーティストユニットLow Brosのクリエイティブエナジー交換セッション
フットウエア HYPEBEAST TV 

東京とベルリンで交わされたBMXライダー上原洋とアーティストユニットLow Brosのクリエイティブエナジー交換セッション

Presented by New Balance
対照的な街で対照的な2組が見つけたインスピレーション

Supreme x Lacoste のコラボレーションが実現?
ファッション

Supreme x Lacoste のコラボレーションが実現?

ここ最近ビッグニュース続きの〈Supreme〉

ダイナマイトボディモデル ケイト・アプトンの水着撮影現場の舞台裏をチェック
アート

ダイナマイトボディモデル ケイト・アプトンの水着撮影現場の舞台裏をチェック

【職場閲覧注意】


WIRED MUSIC FESTIVAL ’17 でウィズ・カリファの初来日が決定
ミュージック

WIRED MUSIC FESTIVAL ’17 でウィズ・カリファの初来日が決定

HARDWELLとともにヘッドライナーを飾る

Apple 社が WWDC 2017 を6月5日からの5日間で開催することを発表
テック

Apple 社が WWDC 2017 を6月5日からの5日間で開催することを発表

ついに「iOS11」が登場か

Supreme 2017年春夏コレクション アメリカ&イギリスにおける各アイテムの発売価格一覧
ファッション 

Supreme 2017年春夏コレクション アメリカ&イギリスにおける各アイテムの発売価格一覧

店頭キャンプの準備はOK?

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

世界中の最新カルチャー情報を発信するプラットフォーム HYPEBEASTの広告を閲覧していただき、誠にありがとうございます。