Share this article with friends Share

東京とベルリンで交わされたBMXライダー上原洋とアーティストユニットLow Brosのクリエイティブエナジー交換セッション

対照的な街で対照的な2組が見つけたインスピレーション

“City 2 City”シリーズの第1弾では、2つの都市を2人の写真家の目で追ったビデオピースを紹介したが、同シリーズ3作目となるビデオでは、2組のまったく違うバックグラウンドを持ち、お互い遠く離れた都市をベースに活動するクリエイティブマインドにフォーカス。日本のBMXライダーであり、〈430〉のデザイナーとしても知られる上原洋と、ドイツ人ストリートアートユニットLow Bros(ロウ・ブローズ)の視線を追った。ダイナミック且つ繊細なフィジカルコントロールを要するBXMと、静かに粛々と行われる手作業の多いペイントという、極端に違った表現方法を持つ彼らだが、ベルリンの廃墟や公園を、最高のラインディングスポットして捉えられる上原氏の目線や、東京のランドスケープからクリエイティブなキャンバスやインスピレーションを見いだすLow Brosたちから、訪れた街の魅力を独自の視点で見いだす共通のアティテュードを感じられる。

ネオンサインや広告が壁を覆うビルがひしめきあい、何か共通のルールを持ちながらも混沌とした東京の街 – 対して廃墟や広大な土地が広がり街自体がストリートアーティストたちの大きなキャンバスと化したベルリン。2つの対照的な都市に訪れた、対照的な2組が、互いのホームである都市を案内し合い、彼らにしか見い出せない魅力やインスピレーションを語ってくれた。

上原氏が紹介する都心の風景や『駒沢オリンピック公園』、Low Brosが案内する彼らのスタジオやベルリンの街を舞台にした“City 2 City”ビデオ第3弾を、上のプレーヤーよりチェクしよう。彼らと旅を共にする〈New Balance(ニューバランス)〉の「247 Sport」は、現在各国の取扱店やウェブストアにて発売中だ。そして来週展開される“City 2 City”シリーズのラストピースもお楽しみに。

Read Full Article