フランク・オーシャンがGRAMMYのプロデューサーたちに反論

「いままで目にした中で最も“欠陥”だらけのこのテレビ番組には頭が上がらないぜ。」

ミュージック
2,717 Hypes

先日、『Rolling Stone』誌がGRAMMY (グラミー賞)のプロでデューサーであるKen Ehrlich(ケン・アーリック)とDavid Wild(デイヴィッド・ワイルド)へインタビュー。ポッドキャストで公開されたこのインタビュー(こちらから聴取可能)にて、グラミーを“dated(時代遅れ)”と呼び、自分のアルバムをグラミー賞受賞対象として提出しなかったFrank Ocean(フランク・オーシャン)との確執についてもコメントした。

2人のプロデューサーによると、 Oceanとの不和のスタートは、2013年のGRAMMYの舞台でのOceanによる期待はずれのパフォーマンスに遡る。Wildは、OceanがGRAMMYでのパフォーマンスにて、プロデューサーとの共同作業を拒み、 “childlike(子供じみた)”態度をとっていたとコメント。 Ehrlichもそれに同意し、Oceanはパフォーマンスに関して“rigid(頑固)”で柔軟性のない考えを持っていたと話し、「我々は彼のヴィジョンを優先したが、それではうまくいかないとわかっていたんだ。僕たちは彼にそう伝えようとしたし、彼のマネージメント側にも、彼のレコードレーベル側にも伝えようとした。ただ今でも、彼はGRAMMYに対して当時と変わらない感情を持っているんだろうね。でも正直に言って、あれは我々のせいではないよ」と語った。

このインタビューでのコメントに対し、Frank Oceanは自身のTumblrにコメントを投稿。歯に衣着せぬメッセージを公開した。以下よりその日本語訳全文をどうぞ。

オーケー、KEN (と DAVID)、2人を有名にしてやりたくもないけど、個人的に返事をしてやりたくもないんだ。俺たちはみんないつか死ぬんだし、おまえらはもう年寄りだからここで言ってやるよ。はいはい、2013年の俺のGRAMMYのパフォーマンスは間違いなくクソみたいなもんだった。テクニカルな問題だとかなんだとか言ってな。思い出させてくれてありがとう。マジで感謝するよ。FUCK THAT PERFORMANCE。でもそれが、俺が自分の音楽をGRAMMYから遠ざけてる理由だと思ってんのか? もし俺がGRAMMYで“名誉挽回”したいと思ってたら、出演したいと思うはずだろ? 実際のところ、PRINCEの功績を讃えるために参加したいとも思ったよ。でも俺ができる彼のレガシーへの最高のトリビュートは、自分自身であり続けて成功することなんだ。テレビ番組で賞を獲ることなんで俺の成功の証でもなんでもない。それに気づくのに少し時間がかかったんだ。俺は去年、自分が作った曲のマスターをすべて買い戻すことができた。それこそ成功だ。BLONDEはレーベルなしで100万枚以上売れた。これも成功だ。俺は若くてブラックで才能があって自立できている。。それ自体が俺のトリビュートだ。俺はここ数年、この時期にCBSにチャンネルをあわせて、その年のトップを誰が手にするのか見届けてきた。結果、これが“素晴らしい番組”じゃないってことの証に、去年は[Kendrick Lamarの] TO PIMP A BUTTERFLYじゃなく [Taylor Swiftの] 1989 がALBUM OF THE YEARを手にしてるんだ。いままで目にした中で最も“欠陥”だらけのこのテレビ番組には頭が上がらないぜ。それよりみんなを信じろよ。番組の翌日にYOUTUBEにあげられた別々のパフォーマンスを自分たちで選んで見る方がいいって思ってるみんなを。だってお前らの番組は退屈なんだ。グラモフォン [蓄音機・グラミー賞のトロフィーの原型] でちゃんと音楽を聴いてみろ。俺は生きている最高のアーティストの1人だ。それでもしお前らがカルチャーの偏った見方やお前らのショーが産み出した神経ダメージについて語りたいっていうなら、俺は受けて立つぜ。HAVE A GOOD NIGHT.

Read Full Article

次の記事を読む

フランク・オーシャンの手掛ける Homer が Prada とのコラボコレクションを発表
ファッション

フランク・オーシャンの手掛ける Homer が Prada とのコラボコレクションを発表

〈Prada〉の定番であるアノラックジャケットやバックパック、ベルトバッグをアレンジしたアイテムを展開

フランク・オーシャンが自身のラグジュアリーブランド Homer を立ち上げる
ファッション

フランク・オーシャンが自身のラグジュアリーブランド Homer を立ち上げる

おもちゃのようにカラフルな18金ネックレスや、彼らしい色合いの幾何学模様をプリントしたシルクスカーフなどをラインアップ

Frank Ocean が Coachella 2023 のヘッドライナーに決定
ミュージック

Frank Ocean が Coachella 2023 のヘッドライナーに決定

「Coachella 2022」の出演は辞退した稀代のR&Bシンガーが、約2年間の準備期間を経てステージに立つ


グラミー賞が多数のルール変更を発表
ミュージック

グラミー賞が多数のルール変更を発表

ノミネート対象となる人物が大幅に広がるほか、アルバムは収録曲の75%以上が新曲であることが条件に

マットブラックカラーで生まれ変わった1979年製 FJ40型ランドクルーザー
オート

マットブラックカラーで生まれ変わった1979年製 FJ40型ランドクルーザー

39,500USドル(約450万円)で発売中

ランボルギーニにインスパイアされた Vans と Period Correct のコラボレーションスニーカー
フットウエア

ランボルギーニにインスパイアされた Vans と Period Correct のコラボレーションスニーカー

気の利いたサイドテープのデザインにご注目

Public School x Jordan の “We Need Leaders” フーディが早くも Kith で発売
ファッション

Public School x Jordan の “We Need Leaders” フーディが早くも Kith で発売

ランウェイに登場したばかりのアイテム

Nike がレブロン、ケビン・デュラントらと共に世界の平等を訴える
スポーツ

Nike がレブロン、ケビン・デュラントらと共に世界の平等を訴える

Alicia Keysの歌声にのせて呼びかけられるのは“equality has no boundaries”のメッセージ

Supreme より2017年春夏コレクションのティーザービデオが登場
ファッション

Supreme より2017年春夏コレクションのティーザービデオが登場

〈Supreme〉仕様の「MetroCard」もついに登場


VLONE x Nike Air Force 1 を手に入れるために集まったスタイリッシュなストリートキッズたち
フットウエア

VLONE x Nike Air Force 1 を手に入れるために集まったスタイリッシュなストリートキッズたち

ファッションウィークを開催中のマンハッタンに負けないほどの盛り上がりを見せたハーレムの様子

映画『Avengers: Infinity War』待望のファーストルックが到着
エンターテインメント

映画『Avengers: Infinity War』待望のファーストルックが到着

今作は『Guardians of the Galaxy』のキャストも出演決定

Nike による自動シューレース調整付きモデル HyperAdapt 1.0 の内部構造が明らかに
フットウエア

Nike による自動シューレース調整付きモデル HyperAdapt 1.0 の内部構造が明らかに

話題のハイテクモデルを解体し、複雑な内部構造を詳しく解説

Cav Empt が2017年春夏の新作アイテムをリリース
ファッション

Cav Empt が2017年春夏の新作アイテムをリリース

グラフィカルなトップスやバイオウォッシュ加工を施したトレンチコートなどが登場

ダフト・パンク初のポップアップストアの店内を独占公開
ミュージック

ダフト・パンク初のポップアップストアの店内を独占公開

ヴァージル・アブロー、ゴーシャ・ラブチンスキー、ヘンリー・レヴィーらとコラボレーション

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします