adidas が トレードマークの侵害で Puma を訴える

ストライプ付きのスパイクのデザインを巡って

By
フットウエア

Law360』のレポートによると、ドイツのスポーツウエアジャイアント〈adidas(アディダス)〉が、同じくドイツにルーツを持つ(創業者の兄が立ち上げたブランド)〈Puma(プーマ)〉のサッカーシューズデザインに対して提訴したという。訴訟の内容はトレードマークの侵害だ。〈adidas〉の登録商標である3本線、“スリーストライプス”に対し、〈Puma〉がデザインしたスパイクに配されているのは4本線だが、その配置や角度などが問題のようだ。

「当該のスパイクデザインにてPumaが使用している斜めのストライプの配置は、adidasが培ってきたスリーストライプスの広告的魅力、そして卓越したサッカーブランドであるというadidasの名声を意図的に利用している」と〈adidas〉側は主張している。

〈adidas〉と〈Puma〉のリーガルバトルは今に始まったことではなく、〈adidas〉は〈Puma〉の人気モデル「NRGY」が〈adidas〉のBoostスニーカーに似ているという理由で販売差し止めを迫っていたという過去もある。また〈adidas〉は最近、「Tesla Motors(テスラ・モーターズ)」社を相手に同社の「Model 3」のロゴに使用された3本の線に対しても提訴している。

「Pumaは競合企業であるだけでなく、adidasと多くの歴史を共有しています。よってPumaがadidasのスリーストライプスとそれに伴う大いなる信用性に慣れ親しんでいるのです」と〈adidas〉は主張するが、未だ〈Puma〉からのレスポンスはないようだ。

上の写真が、その問題の〈Puma〉のスパイクである。皆さんはこのデザインからスリーストライプスを感じるだろうか?

Read Full Article

What to Read Next

Givenchy が2017年春夏アクセサリーコレクションをリリース
ファッション

Givenchy が2017年春夏アクセサリーコレクションをリリース

大胆なグラフィックからシンプルなロゴデザインまで、春夏のアクセントとして加えられる幅広い小物類が登場

ドレイクがリアーナの誕生日を祝って、スペシャルメドレーを披露
ミュージック

ドレイクがリアーナの誕生日を祝って、スペシャルメドレーを披露

“It’s somebody’s birthday today— somebody I have a lots of love for…”

マイク・タイソンが所持していた「Ferrari F50」がオークションに出品される
オート

マイク・タイソンが所持していた「Ferrari F50」がオークションに出品される

予想落札価格はなんと220万ドル(約2億5000万円)から240万ドル(約2億7,200万円)


米コロラド州にて世界初のドライブスルー型マリファナショップが誕生
Culture

米コロラド州にて世界初のドライブスルー型マリファナショップが誕生

新たなマリファナ販売方法のご提案

アンドレ・3000 が Tretorn のクリエイティブディレクターに就任
ファッション フットウエア

アンドレ・3000 が Tretorn のクリエイティブディレクターに就任

OutKastのレジェンドがスウェーデンのシューズブランドを蘇らせる

ブラック&ホワイトカラーの YEEZY BOOST 350 V2 の取り扱い店舗リスト
フットウエア

ブラック&ホワイトカラーの YEEZY BOOST 350 V2 の取り扱い店舗リスト

最も希少価値の高い「YEEZY BOOST 350 V2」に

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

より良いサイト表示のために

HYPEBEASTの広告表示を許可していただきありがとうございます。あなたの広告ブロッカーのホワイトリストにHYPEBEASTを追加することでブラウジング中に広告が表示され、最新ファッションやカルチャーを発信するHYPEBEASTの活動を支援することができます。