音楽界最高の栄誉 第59回グラミー賞の受賞者が発表

今年世界最高峰の音楽賞を受賞した面々は……

ミュージック
3,235 Hypes

音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞の授賞式が2017年2月12日(現地時間)夜にアメリカ・LAのステイプルズ・センターにて行われ、主要4部門を含む様々な部門の受賞作品/受賞者が発表された。

今年はKanye West(カニエ・ウエスト)やDrake(ドレイク)、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)らがその出席を断り、Frank Ocean(フランク・オーシャン)がグラミー賞のプロデューサー陣に対するディスコメントを発表するなどといったお騒がせニュースが多少あったものの、例年通り数多くのセレブリティが世界中から集まってその世界最高峰の音楽賞を見守り、数多くのアーティストたちによる圧巻のパフォーマンスも披露された。

主要4部門のうちのひとつ最優秀新人賞を見事獲得したのは、シカゴ出身のChance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)。実はグラミー賞はその受賞資格に関する規定を“CDやレコード、ダウンロード形式で販売されているものに加え、ストリーミングのみで配信されたものもその対象に含める”という内容に今年から変更しており、そのルールを今年から変更させた張本人こそが、これまでストリーミング配信のみで曲をリリースし、音楽業界における新たなあり方を示したChance The Rapperだ。

そして主要4部門の最優秀新人賞以外の3つ、年間最優秀楽曲賞・年間最優秀レコード賞・年間最優秀アルバム賞をイギリス出身の実力派女性シンガーAdele(アデル)が全て獲得するという圧巻の快勝劇となった。
厳密に言うと、年間最優秀楽曲賞はその楽曲の作曲に関わった人物を対象に送られる賞であり、“Hello”を手掛けたAdele自身とプロデューサーのGreg Kurstin(グレッグ・カースティン)が受賞。年間最優秀レコード賞はシンガーを含めてその楽曲のレコーディング全体に関わった人を対象とする賞で、こちらも“Hello”が受賞。そして、シンガーを含めてアルバム制作に携わった人々全体を対象とする年間最優秀アルバム賞でも、“Hello”が収録されているAdeleの3rdアルバム『25』が受賞した。

まずは以下よりその主要4部門のノミネートと、赤字で示した受賞作品/受賞者をチェックしよう。その他の部門における受賞作品/受賞者はこちらよりチェック。

年間最優秀アルバム賞:
25 — Adele(アデル) - Winner
Lemonade — Beyoncé(ビヨンセ)
Purpose — Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)
Views — Drake(ドレイク)
A Sailor’s Guide To Earth — Sturgill Simpson(スターギル・シンプソン)

年間最優秀レコード賞:
Hello — Adele(アデル) - Winner
Formation — Beyoncé(ビヨンセ)
7 Years — Lukas Graham(ルーカス・グラハム)
Work — Rihanna(リアーナ)feat. Drake(ドレイク)
Stressed Out — Twenty One Pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ)

年間最優秀楽曲賞:
Formation / Beyoncé(ビヨンセ) — Khalif Brown, Asheton Hogan, Beyoncé Knowles & Michael L. Williams II
Hello / Adele(アデル) — Adele Adkins & Greg Kurstin - Winner
I Took A Pill In Ibiza / Mike Posner(マイク・ポズナー) — Mike Posner
Love Yourself / Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー) — Justin Bieber, Benjamin Levin & Ed Sheeran
7 Years / Lukas Graham(ルーカス・グラハム) — Lukas Forchhammer, Stefan Forrest, Morten Pilegaard & Morten Ristorp

最優秀新人賞:
Kelsea Ballerini(ケルシー・バレリーニ)
The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)
Chance The Rapper(チャンス・ザ・ラッパー) - Winner
Maren Morris(マレン・モリス)
Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)

Read Full Article

次の記事を読む

グラミー賞が多数のルール変更を発表
ミュージック

グラミー賞が多数のルール変更を発表

ノミネート対象となる人物が大幅に広がるほか、アルバムは収録曲の75%以上が新曲であることが条件に

JAY-Z が1999年にグラミー賞の授賞式をボイコットした理由を初めて明かす
ミュージック

JAY-Z が1999年にグラミー賞の授賞式をボイコットした理由を初めて明かす

盟友であるラッパーの故 DMXのためにボイコットしたことを告白

Nas がキャリア31年目にして初のグラミー賞を獲得
ミュージック

Nas がキャリア31年目にして初のグラミー賞を獲得

女帝 Beyoncéは女性アーティスト史上最多獲得者に


UPDATE:Kanye West が2008年のグラミー賞で着用していた Nike Air Yeezy 1 がオークションに出品
フットウエア

UPDATE:Kanye West が2008年のグラミー賞で着用していた Nike Air Yeezy 1 がオークションに出品

Nike Air Yeezyプロジェクトを初めて世界に向けて発表した1足として、100万ドル(約1億1,000万円)以上の価値があるとのこと(UPDATE:スニーカー史上最高落札価格を更新)

マイケル・ジョーダンがプライベートジェットをエレファント柄でラッピング
デザイン

マイケル・ジョーダンがプライベートジェットをエレファント柄でラッピング

「Air Jordan 3」や「Air Max 1」に採用された大人気柄をまとい、上空を移動

Public School 2017年秋冬コレクションのバックステージに潜入
ファッション

Public School 2017年秋冬コレクションのバックステージに潜入

デザイナー2人やモデルたちのほか、サングラス姿のA$AP Fergも

YEEZY BOOST 350 V2 “Dark Green” の発売日が決定?
フットウエア

YEEZY BOOST 350 V2 “Dark Green” の発売日が決定?

2017年がスタートしてから早くも3足目の登場

Margiela のすべてをまとめたドキュメンタリーフィルムが制作中
ファッション

Margiela のすべてをまとめたドキュメンタリーフィルムが制作中

その名も『We Margiela』

キム・カーダシアンが Snapchat でそのラグジュアリーなライフスタイルをちょい見せ
フットウエア

キム・カーダシアンが Snapchat でそのラグジュアリーなライフスタイルをちょい見せ

山の様に積まれた「YEEZY BOOST」、一着は数百万くだらないであろうドレスの数々……


フランク・オーシャンがGRAMMYのプロデューサーたちに反論
ミュージック

フランク・オーシャンがGRAMMYのプロデューサーたちに反論

「いままで目にした中で最も“欠陥”だらけのこのテレビ番組には頭が上がらないぜ。」

マットブラックカラーで生まれ変わった1979年製 FJ40型ランドクルーザー
オート

マットブラックカラーで生まれ変わった1979年製 FJ40型ランドクルーザー

39,500USドル(約450万円)で発売中

ランボルギーニにインスパイアされた Vans と Period Correct のコラボレーションスニーカー
フットウエア

ランボルギーニにインスパイアされた Vans と Period Correct のコラボレーションスニーカー

気の利いたサイドテープのデザインにご注目

Public School x Jordan の “We Need Leaders” フーディが早くも Kith で発売
ファッション

Public School x Jordan の “We Need Leaders” フーディが早くも Kith で発売

ランウェイに登場したばかりのアイテム

Nike がレブロン、ケビン・デュラントらと共に世界の平等を訴える
スポーツ

Nike がレブロン、ケビン・デュラントらと共に世界の平等を訴える

Alicia Keysの歌声にのせて呼びかけられるのは“equality has no boundaries”のメッセージ

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします