現代の偉人たちが好んで聴く音楽とは?

イーロン・マスクやマーク・ザッカーバーグ、スティーヴン・ホーキングなど、世界を変えた人物たちのミュージックライフにスポットを当てる

Music 

ついつい忘れがちではあるが、学者や大統領、起業家、天才といった世界の偉人たちだって、日常的に“普通の人”と同じことを楽しんでいるのだ。例外なく、彼等だって音楽を聴く。大学教授のDavid Ludden(デイビッド・ラデン)曰く、音楽は世界共通言語だそう。音楽には人間の共有経験に潜む根本的感情を呼び起こす力があり、これまで我々が歩んできた道を振り返ることもできる。どれだけIQが高かろうと、我々と同じように、彼/彼女にとって音楽は重要な存在なのだ。

本稿では、Elon Musk(イーロン・マスク)やMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)、Stephen Hawking(スティーヴン・ホーキング)をはじめとした現代の偉人11人が好む音楽にスポットを当てる。多くの自称音楽通は信じたくないだろうが、音楽に対する趣味趣向と知性は比例しない。少なくとも、今回ピックアップした11人からそういった傾向は見られなかった。

Elon Musk – PayPal / Tesla / SpaceX 創設者

お気に入りのアーティスト:Frank Sinatra(フランク・シナトラ)、Andrea Bocelli(アンドレア・ボチェッリ)、 “Weird Al” Yankovic(ウィアード・アル・ヤンコビック)

「Tesla(テスラ)」における音楽ストリーミングプラットフォームの可能性についてはよく議論されるが、Elon Muskがどんな音楽を聴くのかはあまり知られていない。2011年、米サンタモニカカレッジ内のラジオ局「KCRW 89.9FM」(ナショナルパブリックラジオ加盟)が「SpaceX」の本社を訪れた際、幸運にもMusk本人と雑談する機会を得た。会話のなかで、この「Tesla」と「SpaceX」の創業者は好きな音楽についても触れ、Frank Sinatraの“Fly Me To the Moon”をはじめ、Monty Python(モンティ・パイソン)の“Always Look on the Bright Side of Life”、Team America World Police(チーム★アメリカ/ワールドポリス)の“America, F*ck Yeah!”、そしてAndrea Bocelliの“Con Te Partiro”などを挙げたそうだ。また、よく“Santa Claus Is Coming to Town”を口笛で吹くそうだが、Musk本人もなぜだかはわからないとのこと。さらに、“Weird Al” Yankovicのファンであることや『The Lego Movie』の“Everything is Awsome”が好きなことも明かした。

Mark Zuckerberg – Facebook共同創業者兼会長兼CEO

お気に入りのアーティスト:Daft Punk(ダフトパンク)、Lady Gaga(レディー・ガガ)、Eminem(エミネム)

2016年、「Facebook」CEOのMark Zuckerbergは、ボイスコントロールの家庭用人工知能、Jarvisを完成させた。Jarvisは彼自身や奥さんのPriscilla Chan(プリシラ・チャン)が好きな音楽の傾向を学習し、日々オススメの曲を流してくれるという。Facebook誕生のはるか昔、高校生のZuckerbergと友人のAdam D’Angelo(アダム・ディアンジェロ)は、似たような機能を持つSynapseというアプリケーションを開発した。リスナーがよく聴く曲をベースに、自動でプレイリストを作成してくれるMP3プレイヤーである。ちなみにZuckerbergとD’Angeloの2人は、大学に行きたいという理由でソフトウェアに対する95万ドルのオファーを辞退。こういった話はいくらでも聞こえてくるのだが、Zuckerbergが好きな音楽についてはあまり耳にしない。一度、好きなミュージシャンにDaft PunkとLady Gagaを挙げていたことがあり、また2011年には、Eminem、Royce Da 5’9”(ロイス・ダ・ファイブ・ナイン)、Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)による“Lighters”から、お気に入りのリリックとしてEminemのライン、“Had a dream I was king. I woke up, still king(キングになる夢を見た。目が覚めてもキングのままだった)”とツイートしたこともあった。

Barack Obama(バラク・オバマ)- 第44代アメリカ合衆国大統領

お気に入りのアーティスト:Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)、JAY-Z(ジェイZ)

今回登場する偉人のなかでは、最もメディアに対してフレンドリーかつ流行に敏感な人物だろう。大統領在任中には、多くの紙媒体がBarack Obamaと彼の音楽観についての特集を掲載した。大統領就任式からクリスマス休暇まで、彼は行事ごとにプレイリストを作ることで知られている。ミュージシャンの顔ぶれは、Leon Bridges(リオン・ブリッジズ)からOtis Redding(オーティス・レディング)、Bob Dylan(ボブ・ディラン)、Sheryl Crow(シェリル・クロウ)、The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)まで多岐にわたる。2016年10月、この前POTUS(アメリカ合衆国大統領を表す略号)は、今回登場するなかでは誰も挙げていない“お気に入りのラッパー5人”を公開した。JAY-Z、Kanye West(カニエ・ウエスト)、Drake(ドレイク)、Kendrick Lamar、Chance the Rapper(チャンス・ザ・ラッパー)の5人である。在任期間中は、 Frank Ocean(フランク・オーシャン)やChance、Wale(ワーレイ)など、多くのミュージシャンやアーティスト、ラッパーをホワイトハウスに招いた。2015年には、その年のベストソングにKendrickの『To Pimp A Butterfly』より“How Much A Dollar Cost”を挙げていた。

George R. R. Martin(ジョージ・R・R・マーティン)- SF作家

お気に入りのアーティスト:Grateful Dead(グレイトフル・デッド)、『オズの魔法使い』のサウンドトラック

アメリカの人気テレビドラマシリーズ、『Game of Thrones』における音楽の役割は非常に大きい。Grey Worm(グレイワーム)やHodor(ホーダー)、Ramsay Bolton(ラムジー・ボルトン)といったキャラクターを演じる俳優たちは、実生活でミュージシャンやアーティストとしても活動しているのだ。また、Ed Sheeran(エド・シーラン)やMastodon(マストドン)、Coldplay(コールドプレイ)のWill Champion(ウィル・チャンピオン)、Snow Patrol(スノウ・パトロール)のGary Lightbody(ギャリー・ライトボディ)、Sigur Rós(シガー・ロス)、Of Monsters and Men(オブ・モンスターズ・アンド・メン)など、著名なアーティストのカメオ出演も話題になった。実はこのテレビシリーズ、George R. R. Martin著『A Song of Ice and Fire(氷と炎の歌)』を原作としている。2015年に行われたニューヨーク『92nd Street Y』とのインタビューで、Martinは『Game of Thrones』がGrateful Deadから大きな影響を受けていることを認めていた。2014年には、『Salon』紙に対して「いつだってGrateful Deadの歌詞が頭のなかをグルグルしているよ」と語り、“Ripple”をフェイバリットソングとして紹介。また、3番目に好きなファンタジー映画に『オズの魔法使い』を挙げ、その理由については「サントラが奇跡的に素晴らしいから」と説明していた。

Neil deGrasse Tyson(ニール・ドグラース・タイソン)- 天体物理学者

お気に入りのアーティスト:Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)、Koko Taylor(ココ・テイラー)、Van Morrison(ヴァン・モリソン)

天体物理学者として名高いNeil deGrasse Tyson博士は、Wu-Tang Clan(ウータン・クラン)のGZA(ジザ)もゲスト出演したことがある自身の番組、『StarTalk』にてしばし音楽と科学の関係性について語っていた。B.o.B(ビー・オー・ビー)が唱える“地球平面説”を論破したことでも有名な彼は、Logic(ロジック)の最新アルバム『Everyday』への参加&彼との対談に加え、Tyler, the Creator(タイラー・ザ・クリエイター)がホストを務める「Viceland」の『NUTS + BOLTS』へのゲスト出演など、ミュージシャンやアーティストと密接な関係にある。前述のElon MuskをゲストDJとして迎えたラジオ局「KCRW」へは、2015年に音楽キュレーターとして登場。最も好きな音楽ジャンルにブルースを挙げていたが、同時にゴスペルやプログレッシブロックも好きだと語っていた。そのときの選曲は、Koko Taylorの“I’m A Women”、Aretha Franklinの“Old Landmark”、Van Morrisonの“Moondance”、Styx(スティックス)の“Come Sail Away”、そしてLouis Armstrong(ルイス・アームストロング)の“What A Wonderful World”だった。

Jack Ma(ジャック・マー)- アリババ社創業者兼会長

お気に入りのアーティスト:Righteous Brothers(ライチャス・ブラザーズ)、Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)、『ライオンキング』のサウンドトラック

今回の企画で、最もミュージックラバー(&パフォーマー)な偉人はJack Maだろう。2017年10月初旬、中国一の資産家(純資産約393億ドル)であり「Alibaba Group」創業者のMaは、「Yunqi Music Festival」にて、Li Jian(リー・ジェン)のパフォーマンス中に飛び入りでステージに登場。自らマイクを握り数曲を披露したのだ。Righteous Brothersの“Unchained Melody”に始まり、Jonathan Lee(ジョナサン・リー)の“I Finally Lost You”、Wang Feng(ワング・フェン)の“When I’m Thinking of You”と続き、パフォーマンスは15分に及んだそう。この日の大富豪は、サングラスに襟を立てたデニムジャケットという装いだったとか。また、先日行われた「Alibaba」の創業18年パーティーでは、Michael Jacksonの格好で登場。黒のバイクでステージ上に現れたかと思えば、MJのシグネチャームーブも披露。2014年には、人気ディズニー映画『ライオンキング』の歌を社員16,000人の前で歌ったとは「Alibaba」社員談。

Bill Nye(ビル・ナイ)- 俳優

お気に入りのアーティスト:Frank Sinatra(フランク・シナトラ)、Tommy Dorsey(トミー・ドーシー)、Fred Astaire(フレッド・アステア)

Bill NyeはScience Guyかもしれないが、間違いなく音楽にも精通している。PBS(公共放送サービス)で5年間続いた自身の番組『Bill Nye, The Science Guy』では、時折ポップソングの教育的なパロディーを特集した。Steve Aoki(スティーブ・アオキ)との楽曲制作経験もあり、今年から始まった「Netflix」での新番組、『Bill Nye Saves the World』のテーマソングはTyler, the Creatorが作詞している。2014年には、ラジオ局「KCRW」にゲストDJとして出演。Frank Sinatraの“I’ve Got The World On A String”、Tommy Dorseyの“Song of India”、Fred Astaireの“The Carioca”、Ronny & The Daytonas(ロニー&ザ・デイトナス)の“GTO”、Golden Earring(ゴールデン・イヤリング)の“Radar Love”などを選曲。かつてNyeは、音楽を「ドラッグや恋愛、ギャンブルと同じ快楽中枢を刺激するもの」と表現していたが、自身の番組で1エピソード丸ごと音楽と科学の関係を特集するほどの音楽人間なのである。

Bill Gates(ビル・ゲイツ)- Microsoft共同創業者兼元会長兼顧問

お気に入りのアーティスト:David Bowie(デヴィッド・ボウイ)、Willie Nelson(ウィリー・ネルソン)、The Beatles(ザ・ビートルズ)

好きなミュージシャンや曲について積極的に発言していたSteve Jobs(スティーブ・ジョブス)に対し、Bill Gatesは、Kirsty Young(カースティ・ヤング)がホストを務める「BBC Radio 4」の『Desert Island Discs』に出演した際、無人島に持って行く8曲について語ったことがある程度だ。その8曲とは、David BowieとQueen(クイーン)の“Under Pressure”、Willie Nelsonの“Blue Skies”、Ed Sheeranの“Sing”、Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)の“Are You Experienced”、U2(ユーツー)の“One”、The Beatlesの“Two of US”、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の“How Can Love Survie”、そしてミュージカル『ハミルトン』の“My Shot”。Beatlesの“Two of US”は特にGatesのお気に入りのようで、かつて切磋琢磨し合っていた自身とJobsを思い起こさせると語っていた。ちなみに、やはり3人の子供からの影響を受けるようで、Sheeranの“Sing”は娘フィービーが大好きな曲だそう。

Stephen Hawking(スティーヴン・ホーキング)- 理論物理学者

お気に入りのアーティスト:Rod Stewart(ロッド・スチュワート)、The Beatles、Francis Poulenc(フランシス・プーランク)

21歳から退化性の運動ニューロン病を患っているにも関わらず、Stephen Hawking(スティーヴン・ホーキング)は、これまで2度の結婚で3人の子供を授かり、いくつもの画期的な発見をし、何冊ものベストセラーを執筆している。また、体の状態に関係なく楽しめるのが音楽である。2015年7月、『Reddit』にてHawkingは、自身のフェイバリットソングとしてRod Stewartの“Have I Told You Lately”を紹介していた。“10 Questions for Stephen Hawking(スティーヴン・ホーキングへの10個の質問)”と題された記事のなかで、彼はポップやクラシック、オペラなど様々なジャンルの音楽を好んでいると答えていた。これだけの天才であろうと、音楽に対しては普通の人と何も変わらないのだ。Gates同様、『Desert Island Discs』の“無人島に持って行く8曲”を選んだこともある。2006年の「Cambridge Music Festival」では、Igor Stravinsky(イーゴリ・ストラヴィンスキー)の“Symphony Of Psalms”、Henryk Wieniawski(ヘンリク・ヴィエニャフスキ)の“Violin Concerto No. 1”、そしてFrancis Poulencの“Gloria”を、自分にとって最も大きな意味を持つクラシックミュージック3選として挙げていた。

Jeff Bezos(ジェフ・ベゾス)- Amazon.com 共同創設者兼CEO兼取締役会長

お気に入りのアーティスト:Zac Brown Band(ザック・ブラウン・バンド)、カントリーミュージック全般

今回登場する他の偉人たちと違い、Jeff Bezosは特出した音楽好きではない。それどころか、音楽に対しての興味が非常に薄い。10代の頃、Jeffは地元ラジオ局のコールサインを丸暗記することで、音楽に対する知識を偽っていたそうだ。Steve Jobs(スティーブ・ジョブス)にミュージックエディターのKeith Moerer(キース・モエラー)を引き抜かれ、最終的にMoereとJobsにiPodを開発させてしまった。しかしながら、Bezosは音楽を完全に諦めたわけではない。2月に行われた『Billboard』のインタビューで、Amazon Echoのようなボイスコントロールの家庭用デバイスこそ、音楽業界にとって“巨大な可能性を秘めた分野”だと彼は言っている。音楽業界とストリーミングサービスに対しては熱いものを持っているが、彼の音楽に対する趣味趣向はほとんど知られていない。ビジネスパートナーであるSteve Boom(スティーブ・ブーン)がまかされている「Amazon Music」のアメリカーナステーションとZac Brown Bandが好きということくらいだろうか。

Hans Zimmer(ハンス・ジマー)- 作曲家

お気に入りのアーティスト:Ennio Morricone(エンニオ・モリコーネ)、Kraftwerk(クラフトワーク)、Giorgio Moroder(ジョルジオ・モロダー)

現代映画音楽の制作において最も有名な存在であるHans Zimmer。オスカーとグラミー両方の受賞経験がその事実を証明している。これまで、『ライオンキング』や『グラディエーター』、『ダークナイト』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『インセプション』などの大ヒット映画の音楽を制作。『IGN』のインタビューで、Zimmerはオールタイムフェイバリットの映画音楽に、Ennio Morriconeの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』、Giorgio Moroderの『ミッドナイト・エクスプレス』、Vangelis(ヴァンゲリス)の『ブレードランナー』などを挙げている。また『Reddit』の質問コーナーでは、過去にさかのぼって実際に会ってみたい作曲家としてBeethoven(ベートーベン)と答えていた。“交響曲第5番”の創造力と簡素さにとても魅かれるようだ。さらにKraftwerkが好きで、Mozart(モーツァルト)やThe Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)、アメリカのブルースミュージシャンLightning Hopkins(ライトニン・ホプキンス)を尊敬しているとのこと。

Read Full Article
More

What to Read Next

販売台数全米一位を誇るピックアップトラックの代名詞 Ford F-150 が更なる進化を遂げる
Automotive

販売台数全米一位を誇るピックアップトラックの代名詞 Ford F-150 が更なる進化を遂げる

新型コンセプト“RTR Muscle Truck”は600馬力の強力エンジンと10速AT搭載で足回りも大幅にアップグレード

Kinetics より THRASHER ロゴを大胆に散りばめたコラボフーディが登場
Fashion

Kinetics より THRASHER ロゴを大胆に散りばめたコラボフーディが登場

スリーブとフードで異なるロゴを落とし込んだこだわりの1着が誕生

リリースが待望される Palace の新スケートビデオ『Palasonic』内の衝撃的な一幕をチェック
Sports

リリースが待望される Palace の新スケートビデオ『Palasonic』内の衝撃的な一幕をチェック

登場するスケーターは〈Palace〉の顔としてお馴染みのブロンディ・マッコイ


家で過ごしたくなる BYREDO の2017年ホリデーコレクション
Lifestyle

家で過ごしたくなる BYREDO の2017年ホリデーコレクション

スウェーデン生まれのフレグランスブランドからギフトにも嬉しい新作が登場

バイクの轟音と共に幕を開けた BlackEyePatch 2018年春夏コレクションショーの舞台裏に潜入
Fashion 

バイクの轟音と共に幕を開けた BlackEyePatch 2018年春夏コレクションショーの舞台裏に潜入

俳優の上杉柊平やKANDYTOWNのIOやGOTTZら、現代東京シーンの重要人物たちをモデルとして起用

新作モデルの Nike VaporMax Mesh CS にブルー&ブラックのカラーウェイが登場
Footwear

新作モデルの Nike VaporMax Mesh CS にブルー&ブラックのカラーウェイが登場

アッパー部分をPrimeknitの代わりにメッシュ素材と合成皮革で構築し、クールなカラーウェイで仕上げたニューモデル

More ▾