超大物プロデューサー Puff Daddy が自身のSNSで NFL を買収する意向を宣言

金持ちの戯言ではなく、背景には未だ根絶しないアメリカの人種差別問題が存在

Sports

Puff DaddyやDiddyといった愛称で知られ、アメリカのエンターテインメント産業で最も成功した一人でもある超大物プロデューサー Sean Combs(ショーン・コムズ)が、北米4大プロスポーツリーグの一つであるNFLの買収に興味を示している。

俺は自分のNFLチームを所有することが夢だった。だが、この投稿以降、俺の夢は自分のリーグを持つことになる。誰もが自分らしくいれる場所だ。退職金制度がある。一人の偉大な人間としていられる自由もあり、そして、一国の王のように信念を無碍にすることから人々を守るんだ!!!!! 新たな夢をここに掲げるぜ!!!!! 今すぐNFLを俺に売れ!!!! 俺は狂ってなんかいないぜ。これは勇気のなかった俺たちの過ちなんだ!!!!! お前ら!!!! 権威を取り戻すぞ。

しかし、これはただの金持ちの戯言ではなく、背景には未だ根絶しないアメリカの黒人差別問題やDonald Trump(ドナルド・トランプ)米大統領と黒人選手たちの対立問題が存在する。リーグ屈指のクォーターバック Colin Kaepernick(コリン・キャパニック)は、試合前の国歌斉唱時に膝をつき人種の不平等と警察の暴力に抗議したことで前所属のサンフランシスコ・49ersから解雇され、現在もフリーエージェントの状況。しかし、この一人の勇気ある選手の行動はリーグ全体へと広まり、現在この抗議がアメリカ全土で論争を巻き起こしているのだ。Trump大統領は先月、国歌演奏時に膝をついた選手をクソ野郎と罵り、そのような選手を解雇すべきと発言。そして、NFLのRoger Goodell(ロジャー・グッデル)コミッショナーの国歌に対する解釈も火に油を注いだが、リーグは抗議から発展に舵を切るという声明を発表している。

前述したPuff Daddyの発言は、このような状況を見かねてのものだ。読者のみなさんは、度々スポーツ界に悪影響を及ぼす人種差別問題について、いかがお考えだろうか。

『HYPEBEAST』のその他のスポーツニュースは、こちらから。

Read Full Article
More

What to Read Next

巨匠建築家・隈研吾がポートランド日本庭園の拡張プロジェクトを完遂
Design

巨匠建築家・隈研吾がポートランド日本庭園の拡張プロジェクトを完遂

“和の大家”が手がけた世界最高峰の日本庭園をチェック

スケート界に多大な影響を与えた老舗ブランド Vision Street Wear が TOPMAN で限定コレクションを展開
Fashion

スケート界に多大な影響を与えた老舗ブランド Vision Street Wear が TOPMAN で限定コレクションを展開

英国のコンテンポラリーブランドがマーク・ゴンザレスやトニー・ホークといったレジェンドたちをサポートしたスケートボードカルチャーのパイオニアをフックアップ

リカルド・ティッシ x Nike Air Force 1 High にクローズアップ
Footwear

リカルド・ティッシ x Nike Air Force 1 High にクローズアップ

NBAのロゴにインスパイアされた新作コラボモデルが登場


行列のできる古着屋 Round Two のニューヨーク新店舗が待望のオープンを迎える
Fashion 

行列のできる古着屋 Round Two のニューヨーク新店舗が待望のオープンを迎える

〈Supreme〉や〈Polo〉の激レアアーカイブがずらりと並び、店頭にはStashのグラフィティが

ヒューストンのハリケーン被害支援のために約3,330万円を集めたセレブのスニーカーオークション
Footwear

ヒューストンのハリケーン被害支援のために約3,330万円を集めたセレブのスニーカーオークション

Eminem、ヴァージル、ファレル、レブロンといった錚々たるメンバーが激レアスニーカーを出品

UPDATE:Kappa から BANDA コレクションの新作がローンチ
Fashion

UPDATE:Kappa から BANDA コレクションの新作がローンチ

オンラインにて先行リリース中(UPDATE:Shibuya “T”とUNFOLLOW Journal Standardでポップアップの開催が決定)

More ▾