HYPEBEAST が選ぶ Amazon Fashion Week Tokyo 2018年春夏ベストルック 後編

編集部の独断と偏見で10月19日〜21日に登場した全ブランドのベストルックをピックアップ

ファッション 
9,986 Hypes

10月21日(土)に閉幕を迎えた2018年春夏シーズンの「Amazon Fashion Week Tokyo」。後半は今季最注目の「10.20 sacai / UNDERCOVER」が『聖徳記念絵画館』の特設会場で披露され、“一生懸命やったことはその分だけ自分に返ってくる”という意味を込めたフィナーレのメッセージ「What comes around goes around」には多くの若者が心を打たれたことだろう。

だが、メイン会場の『Shibuya Hikarie』を中心に、期間中は様々なランウェイが開催された。そこで前半の総括に引き続き、『HYPEBEAST』編集部では「HYPEBEAST が選ぶ Amazon Fashion Week Tokyo 2018年春夏ベストルック 後編」と題して、コレクション後半に登場したブランド(※“AT TOKYO”参加ブランドは除く)のベストルックを編集部の独断と偏見で選出し、ハイライト形式でご紹介。後半戦は、日本ファッション界の発展に多大な貢献をもたらしてきたコシノ三姉妹の長女が自身の名を冠して展開する〈HIROKO KOSHINO(ヒロコ コシノ)〉なども登場し、「アントワープ王立美術アカデミー」を首席で卒業した〈MIKIO SAKABE(ミキオ サカベ)〉が6日間のプログラムを締めくくった。

是非、前半のまとめ記事を今一度振り返り、ご自身が思うベストブランドをSNSなどでシェアしてみてはいかがだろうか。

あわせて、「Amazon Fashion Week Tokyo」のストリートスナップ第一弾および第二弾もお見逃しなく。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。