hype cog

Air Jordan 12 “Wings” にクローズアップ

“With a little help, anyone can fly.”

Michael Jordan」と言われると、1989年の“Wings”ポスターで6フィートもの(実際には7フィート近くある)驚異的なウィングスパンをひけらかす姿を思い出すものも多いだろう。〈Nike〉や〈Jordan Brand〉がこの有名な写真をデザインに落とし込んでこなかったのは驚きだが、ついにその“Wings”ポスターをモチーフとした一足がリリースされる。

ブラック/ホワイトのカラーリングが施された「Air Jordan 12」“Wings”は、サイドのゴールドカラーのパーツがアクセントとなっており、使い込むにつれ、”Wings”ポスターをモチーフとした、ゴールドカラーのグラフィックが下から姿を表す仕様となっている。インソールにはブラック/ゴールドのグラフィックが施され、ヒールタブには“with a little help, anyone can fly,”の文字が配される。

このモデルはアメリカ本国のみでの展開となっており、4月2日(土)のAM10:00からAM11:00(現地時間)にかけてアプリ『SNKRS』上にて限定でリリースされる。

PhotographerSEBASTIAN JIMENEZ/HYPEBEAST
Read Full Article

What to Read Next

ASICS Gel-Lyte V “Black Vs. White” パックが登場
Stone Island Shadow Project 2016 Spring/Summer ビデオルック
Nike Air Footscape NM の mita sneakers 提案モデル “SAKURA”
Hedi Slimane が Saint Laurent のクリエイティヴ・ディレクターを退任
Noah x Grant Brittain x Arkitip スペシャルカプセルコレクション
Load More