大胆でありつつも繊細な刺繍が目立つ、Gucci 2017年クルーズコレクション

今シーズンは80年代のブランドロゴやモノグラムプリントをリバイバル

Fashion

昨年、Alessandro Michele(アレッサンドロ・ミケーレ)がデザイナーに就任して以来、鮮やかな色、繊細な刺繍、そしてロックなテイストが秘め込まれているボヘミアンルックは、Gucci(グッチ)の代表的なスタイルとなった。彼が予想外なタッチが加わったディテールにこだわるコレクション(今シーズンはグッチゴーストやスヌーピーの登場)を通して、彼は世界中のファッションアイコンや、セレブたちから愛されている存在となった。そして2017年クルーズコレクションも以前と同様、デザイナーのヴィジョンがキング・チャールズ・スパニエルの刺繍が施されたスタッズ付きレザージャケットなどのエキセントリックなアイテムに表れており、そんな動物の大胆で豪華な刺繍はブランドにとってのシグネチャーポイントとして人気を得ているのだ。

…今季のコレクションはテイラーリング、リボントリムや、フローラルアクセントなどを特徴に、Gucciの文化的に優れたハイソサエティーについての見解を表しているのだ。

  • gucci cruise 2016 collection lookbook snake tiger embroidery leather jacket jeans alessandro michele
  • gucci cruise 2016 collection lookbook snake tiger embroidery leather jacket jeans alessandro michele

デザイナーは英国の文化を常にインスピレーション源としているが、2017年クルーズコレクションは“English Collectors”というコンセプトを大々的に使用。『Westerminster Abbey』でコレクションをデビューし、フォトセットは『Royal Chatsworth House』で行うなど、今季のコレクションはテイラーリング、リボントリムや、フローラルアクセントを特徴に、Gucciの文化的に優れたハイソサエティーについての見解を表しているのだ。しかし“貴族”だけに焦点を当てているわけではなく、ミケーレは1970年代や80年代に英国で起きたパンク運動を振り返り、タータンチェック、ブローグブーツ、ブリーチされたテーパードデニムの組み合わせで、反逆的なユースカルチャーもフィーチャーしている。ミケーレは1970年代や80年代に英国で起きたパンク運動を振り返り、タータンチェック、ブローグブーツ、ブリーチされたテーパードデニムの組み合わせで、反逆的なユースカルチャーもフィーチャーしている。

  • gucci cruise 2016 collection lookbook snake tiger embroidery leather jacket jeans alessandro michele

ブルックリンのコ二ーアイランドで撮影された最新のルックブックは、遊園地の鮮やかな色合いを上手く使用し、大胆で繊細なコレクションを際立てた。全ルックは上記のギャラリーをチェックし、〈Gucci〉のウェブストアへ早速アクセスしてみてはいかがだろうか?

Read Full Article
More

What to Read Next

adidas がスタジアムをイメージした旗艦店をニューヨークにオープン
Design

adidas がスタジアムをイメージした旗艦店をニューヨークにオープン

パフォーマンスウエアを中心とした4階建ての店内をご紹介

Zoo York クルーが "Eastern Conference"を公開
Sports

Zoo York クルーが "Eastern Conference"を公開

Ron Deily、Gavin Nolanをフィーチャー

ハイスピードカメラ Chronos 1.4
Tech

ハイスピードカメラ Chronos 1.4

高性能・(比較的)低価格なスーパースローカメラ


プロスケーター達による2016年のスケーター・オブ・ザ・イヤー予想
Sports

プロスケーター達による2016年のスケーター・オブ・ザ・イヤー予想

『Thrasher Magazine』によるSOTY。プロたちは一体誰を選ぶ?

ファッション雑誌『STUDY』の3号目が先行販売
Lifestyle

ファッション雑誌『STUDY』の3号目が先行販売

長畑宏明が手掛ける新雑誌の3号目がリリース

visvim からカップ&ソーサーが登場
Design

visvim からカップ&ソーサーが登場

一段とスタイリッシュにコーヒーを楽しみたい人のために

More ▾