Share this article with friends Share

Drake と共に Kid Cudi へのディス曲を制作したのは Kanye West!?

ロサンゼルス公演にて捧げた、”Cudi”へのトリビュートは和解の証拠?

「Drake」vs「Kid Cudi」のビーフは近々には終わりそうにないのは確かであろう。先週「Drake」は自身のポッドキャスト番組『OVO Sound Radio』にて新しい4曲を発表した。その内の1曲は「Kid Cudi」が、「Drake」や「Kanye West」などへの不満をTwitterにて打ち明けた事件の後に書かれたディスソング。そして音楽メディアサイトの『Pigeons & Planes』によると、新曲”Two Birds, One Stone“を共同制作したのは他でもない「Kanye West」だという。

「Kanye West」は作曲と作詞を「Noah “40” Shebib」と共に手がけたとクレジットされている。きっと後方から二人の”喧嘩”を見ていた”Ye”は、後々リハビリ施設に入った「Kid Cudi」と和解し、最近では自身のロサンゼルス公演で彼にトリビュートを捧げた。そして『SPIN』によると、「Kanye West」はこの新曲の制作に一切関わっていない可能性もあるとコメントした。「Kanye West」がクレジットされることで、この問題をさらに悪化させるに違いないだろう。そんな話題の歌詞は、下記からチェック。

You were the man on the moon / Now you just go through your phases / Life of the angry and famous / Rap like I know I’m the greatest / Then give you the tropical flavors / Still never been on hiatus / You stay xanned and perked up / So when reality set in you don’t gotta face it / I’m down 200 in Vegas but winning life on a daily basis / It seems like nobody wants to stay in my good graces / I’m like a real estate agent, putting you all in your places / Look what happens soon as you talk to me crazy / Is you crazy?

Read Full Article

What to Read Next

世界一頭の良い目覚まし時計 “Bonjour”
NEIGHBORHOOD が新たなインセンススタンドをリリース
Nike Air Force 1 Low "Pony Hair"
最新 iOS では新たに72個の絵文字が追加されることが明らかに
ComplexCon 限定 Undefeated x Anti Social Social Club コラボアイテム
WACKO MARIA が緻密なスタッズワークで根強い人気を誇る WOLF'S HEAD と再びコラボ
Load More