知っておくべきラグジュアリーウォッチ 10選

代表的なウォッチブランド〈Rolex〉、〈IWC〉、〈Jaeger-LeCoultre〉、〈Omega〉 などからピックアップ

By
ファッション
9,705 Hypes

“車と同じように、時計にも語り継がれる伝説のようなデザインがある。恐らくそれは当時もの凄く画期的で特殊なデザインだったからだろう。そしてそのデザインは、何十年ものトレンドを越え受け継がれていく。”と、〈IWC〉 のCEO 「Georges Kern(ジョージ・カーン)」は語る。実際いくつかの時計は聖杯のように人々を魅了し、そのデザインにはファンが絶えない。男にとって時計は、他のアクセサリーが持ち得ない格式や贅沢のシンボルとして認知され、言うまでもなくその持ち主の個性やスタイルを物語るアイテムだ。

このメンズファッションの重要アイテムは奥が深く、また選択肢は幅広い。ここでは知っておくべきタイムレスな10点をその歴史と共に紹介しよう。もちろん一つのブランドに限ったものでも、徹底ガイドなるものでもないが、『HYPEBEAST』読者に向けたセレクションだ。Guide to Watchesの記事とも併せて、知識を深めて頂きたい。


〈Rolex〉「Oyster Perpetual(オイスター パーペチュアル)」

おそらく多くの人が高級腕時計と聞いてまず思い浮かべるブランド〈Rolex〉。成し得る限りの最高の技術とクオリティを誇る同ブランドのタイムピースは、時に殺人事件まで解決する。そして数ある〈Rolex〉デザインの中でも、「Oyster Pertetual」ほどアイコニックなモデルはないだろう。1926年に誕生したこの時計は、世界で初めて防水加工が施された腕時計だ。ブランドシンボルの一つとも言えるオイスターケースに、パーペチュアルムーブメントと呼ばれるブランドが認めた技師しかその構造を開き取り扱うことができない、崇高なムーブメントを搭載している。その後多くの〈Rolex〉デザインに影響を及ぼし、”Oyster Perpetual”シリーズが様々なフェイスや大きさでリリースされている。また、人々が初めて買う高級腕時計に選ばれるシリーズでもあるが、オリジナルはこの「Oyster Pertetual」モデルだ。ラインナップの詳細はこちらを見てみよう。

〈Rolex〉「Submariner(サブマリーナー)」

さらに〈Rolex〉のアイコニックピースをもう一つ。上記と同じ構造技術を使った 「Oyster Pertetual」シリーズ の「Submariner」だ。1953年に誕生し、ダイバーたちが潜水時間と減圧停止を正確にモニターできる史上最も優れたダイビングウォッチの一つとして知られている。トリプロックリューズという3重の密閉防水システムが、潜水艦のハッチのように頼もしい防水性を発揮し、水深およそ300メートルにまで耐えられる。とは言うものの、もはやダイビング視点でこのモデルを買う人はそこまで多くはないだろう。しかし、この「Submariner」は(〈Omega〉がその座を奪うまで)、あの「James Bond」の愛用モデルとして着用・商品展開されていた事でも知られる名器である。「Submariner」の詳細はこちら

〈Cartier〉「Tank(タンク)」

〈Cartier〉も、〈Rolex〉と並び世界的に有名なラグジュアリーブランドだ。ブランド自体は時計よりその際立って贅沢なジュエリーによって知られているが、〈Cartier〉の時計の歴史も侮れない。1912年、〈Jaeger LeCoultre(ジャガー・ルクルト)〉の「Edward Jaeger」の支援によりスタートした〈Cartier〉のウォッチコレクションは、1917年にこの「Tank」のデザインを発表した。「Louis Cartier(ルイ・カルティエ)」本人によってデザインされたこの珍しい四角いフェイスは、第二次世界大戦中の西部戦線に出動したタンク(戦車)からインスピレーションを受けたデザインだ。以来このシリーズは繰り返し新しいモデルを生み出しているが、中でも有名なのが「Tank Anglaise(タンク・アングレーズ)」と「Tank Francaise(タンク・フランセーズ)」。この美しい長方形フェイスシリーズの全貌はこちらから。

〈Audemars Piguet(オーデマ ピゲ)〉「Royal Oak(ロイヤル・オーク」

〈Audemars Piguet〉 も、高品質なタイムピースを提供するブランドの一つ。そしてラインアップの中でも最もオーセンティックなのはこの「Royal Oak」だ。1972年、このモデルのデザインは一夜にして伝説的な時計デザイナー「Gérald Genta(ジェラルド・ジェンタ)」によって誕生した。彼は当時の〈Audemars Piguet〉のマネージングディレクターから、“今までにない斬新なデザインのスチールの腕時計が欲しい”、という電話を受け、当時には無かったむき出しのベゼルのネジと8角形のフェイスとを持つこの時計を作った。これは当時、往々にして“丸いフェイス、スリムで金色”が定番だったラグジュアリーウォッチ界に衝撃をもたらした。デザインのインスピレーション源はイギリス海軍の戦艦「HMS Royal Oak」から。この戦艦の名前でもあるモデルネームは、かつてチャールズ2世がオリバー・クロムウェルの追跡から身を守った樫の木(ロイヤル・オーク)にちなんだ、力と守護の象徴でもあるネーミングだ。「Royal Oak」についての詳細はこちらから。

〈IWC〉「Portugieser(ポルトギーゼ)」

〈IWC〉がまだ〈International Watch Company〉という屋号で知られていた1930年代後半、二人のポルトガル人ビジネスマンが、マリン・クロノメーターの精度を持つ腕時計を注文した。当時の技術では、その精度を実現するには懐中時計の大きなパーツを使うしかなく、職人はその大きなムーブメントを腕時計に当て込んだ。“大型腕時計”と呼ばれたこのモデルは、その精度もデザインも時代を先取ったもので、大きなサイズとシンブルな文字盤は、当時流行っていた四角いフェイスのアール・デコ調の時計とは一線を画していた。にもかかわらず、時代を超えて愛されるこの「Portugieser」。その詳しい魅力はこちらから。

〈Jaeger-LeCoultre(ジャガー・ルクルト)〉「Reverso(レベルソ)」

〈Jaeger-LeCoultre〉 は、有名なスイスの高級時計メーカーだ。この老舗ブランドのルーツは1833年にまでさかのぼり、その間に多くの技術を開発し、名品を誕生させている。中でも〈Jaeger-LeCoultre〉の代表的な腕時計と言えるのがこの「Reverso」だろう。ラテン語の”振り返る”という意味から名付けられたこのモデルは、1931年、ポロゲームでの乗馬中の強い衝撃からフェイスを守るために開発されたデザインだ。当時の「Reverso」はフェイスの裏側に美しい彫刻が施されているもののみだったが、その後進化を続け、2つのフェイスを背中合わせに搭載。裏返して2つの違う時計を楽しめるモデルも登場した。ブランドウェブサイトはこちら。更に「Justin Timberlake」の “Suit & Tie”で、「JAY Z」の腕に光る時計が《Reverso》だというのも気になるところ。そしてあの「Bruce Wayne」(Batman)にも愛されている人気者のようだ。

〈Omega〉 「Speedmaster Moonwatch(スピードマスター ムーンウォッチ)」

月面に降り立った初めての時計。それ以上の事があるだろうか? この〈Omega〉の「Speedmaster Moonwatch」も、人々が初めて購入する高級腕時計に選ばれる事の多いモデルだ。1957年に開発され、数回のモデルチェンジを行ったこのデザインは、NASAのアポロ計画全6回の有人月面着陸に同行している。1969年にアポロ11号のパイロット「Buzz Aldrin(バズ・オルドリン)」が月面着陸した際身につけていたのが、〈Omega〉の「Speedmaster」だった。「Moonwatch」というモデル名はその偉大なる功績に因んで加えられたものだ。この読みやすいフェイスと、精巧で丈夫な作りに定評のある「Speedmaster Moonwatch」も、是非とも知っておきたい逸品のひとつ。オフィシャルサイトのチェックもお忘れなく。

〈Richard Mille(リシャール・ミル)〉「Tourbillon(トゥールビヨン)」

〈Richard Mille〉の「Tourbillon」は、おそらくこのリスト上で一番奇抜なデザインだろう。この力強くインパクトのあるデザインで名を馳せるこのブランドは2001年、「Tourbillon」の最初の形、「RM001」をリリース。革新的なそのデザインとともに、莫大な価格設定が話題を呼んだ。当時、老舗ブランド〈Patek Philipe(パテック・フィリップ)〉の通常価格帯が50,000 USD(およそ600万円)だったのに比べ、この「RM001」は100,000 USD(約1200万円)という価格を打ち出していた。しかしこの常軌を逸した金額にもかかわらず、従来文字盤の下に隠れていた構造を露わにしたこの斬新なタイムピースは、その金額とともに話題を生み人気を博したのだ。それは、人々が優れた時計には浪費を惜しまないということを証明した出来事とも言える。そしてこれを機に、ブランドは数々の美しいデザインを輩出していったのだ。ウェブサイトにてこの革命的な時計のディテールをチェックしてみよう。

〈Panerai(パネライ)〉「Luminor 1950(ルミノール1950)」

こちら〈Panerai〉も、1860年創業の老舗。歴史は長いが、ブランドとして商品を展開し始めたのは1990年代から。それまではイタリア海軍専用の精密機器メーカーとして、〈Panerai〉の時計や技術は軍事機密となっていた。〈Panerai〉は1916年、ラジオミールを開発し特許をとったことで、その後大きな飛躍の道を開く。ラジオミールとはラディウムを主原料とする粉で、この塗料により文字盤やダイヤルなどを発光させ可視性を高めるというもの。水中でも強い粘着性を発揮するこの技術は、当時のイタリア海軍の計器に採用され、高い評価を得た。やがて〈Panerai〉は研究を進め、ラジオミールに代わるルミノールテクノロジーを開発、第二次世界大戦中のイタリア軍の活動に大きく貢献した。そして1950年、そのルミノールテクノロジーを採用し、ブリッジ型のリューズプロテクターで仕上げられた「Luminor 1950」が完成。その後民間向けの時計の展開を始め、1995年の「Sylvester Stallone(シルベスター・スタローン)」の着用によってブランドの人気を確かなものにした。ということで、他のブランドに劣らず、なんとも男らしい歴史を持つ〈Panerai〉。他のモデルはスリムに整えられたものが多いが、「Luminor 1950」は当時の様相を残し、厚みと力強いヴィジュアルを守っている。もちろんルミノールの技術も健在。ブランドサイトはこちら

〈Hublot(ウブロ)〉「Big Bang(ビッグ・バン)」

最後に紹介するのはスイスの〈Hublot〉。この時計業界では比較的新しい1980年創業の同ブランドは、イタリア人「Carlo Crocco(カルロ・クロッコ)」によってスタートした。”Hublot”というブランド名はフランス語で”舷窓”。現在は”フュージョン”というブランドのコンセプトのもと、「Big Bang」をはじめとする異素材の融合モデルの愛用者を世界中に抱えている。自身が海兵だったころ、当時一般的だったメタルとレザーの時計に満足できなかった「Crocco」は、ラバーベルトを使った時計を作った先駆け的人物だ。当初ラグジュアリーウォッチにラバーを使用するというスタイルは受け入れられ辛かったものの、その機能性と耐久性からスポーツに適した高品質な時計として人気を得ていった。そして2005年、武骨なシルエットと厚み、外から見えるネジと丸いフェイスが特徴の「Big Bang」がデビュー。257個の様々な部品によって構築されるこの洗練されたデザインは、今や最も人気のある高級腕時計として〈Hublot〉のシグネチャーモデルになっている。詳細はこちら。そして“Otis”のミュージックビデオで「JAY Z」と「Kanye West」が着用しているのもお見逃しなく。

Read Full Article

次の記事を読む

Audemars Piguet から史上初となるプラチナ製の Royal Oak “Jumbo” Extra-Thin が登場
ファッション

Audemars Piguet から史上初となるプラチナ製の Royal Oak “Jumbo” Extra-Thin が登場

限定100本のスペシャルモデル

押さえておきたい先週の必読記事 5 選
ファッション 

押さえておきたい先週の必読記事 5 選

コービー・ブライアントの1周忌追悼企画や〈Gucci〉が“最もホットなブランド”の座を守ったニュースなど先週の注目トピックをおさらい

押さえておきたい先週の必読記事 5 選
ファッション

押さえておきたい先週の必読記事 5 選

サミュエル・ロスが〈Hublot〉のアンバサダー就任のニュースから川久保玲の最新コレクションやコロナ禍の現状を語る貴重なインタビュー映像まで先週の注目トピックをおさらい


Rolex が英陸軍ヘリコプター部隊のために製造した希少モデル Explorer II “Attack Helicopter” をチェック
ファッション

Rolex が英陸軍ヘリコプター部隊のために製造した希少モデル Explorer II “Attack Helicopter” をチェック

裏蓋にはユニオンジャックの上を飛行するヘリコプターが刻印された、世界にわずか48本しか存在しないうちの1本

BarreL By CATHERINELABOURE. ポップアップストアが初開催
ファッション

BarreL By CATHERINELABOURE. ポップアップストアが初開催

『Atelier MIHARAYASUHIRO』にオープン。「三原康裕」氏とのコラボレーションアイテムも発売

Paris Saint-Germain x colette 限定スカーフ
ファッション

Paris Saint-Germain x colette 限定スカーフ

〈PSG〉の新しいユニフォームがデビュー

Yeezy Boost 750 の新色が Yeezy Season 2 のショウに登場
フットウエア

Yeezy Boost 750 の新色が Yeezy Season 2 のショウに登場

最新作はソールユニットが半透明に


Yeezy Season 2 ファッションショウをプレイバック
ファッション

Yeezy Season 2 ファッションショウをプレイバック

「Seth Meyers」、「Anna Wintour」らが見守るなか、セカンドシーズンがベールを脱ぐ

Stussy x Lee コラボコレクション第2弾
ファッション

Stussy x Lee コラボコレクション第2弾

ほどよい色落ちのインディゴと裏地に使ったボアが絶妙にマッチしたジャケットとパンツ

adidas Originals STAN SMITH “COLLEGE PENNANT PACK”
フットウエア

adidas Originals STAN SMITH “COLLEGE PENNANT PACK”

『BILLY’S ENT』の各店舗およびオンラインストアにて限定発売

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

アドブロックが検出されました

読者ではなく広告主が請求対象となります。我々のコンテンツにご満足いただいている場合は、アドブロッカーのホワイトリストに追加をお願いいたします