Interviews: yoshio kubo と OPENING CEREMONY が作り上げる“ジェンダレス”な魅力を紐解く

これまでにユニセックスなアイテムを作らなかったデザイナー「久保嘉男」氏が語るコラボレーション

ファッション
5,498 Hypes

日本を拠点に活動する〈yoshio kubo〉と、NYを代表するセレクトショップ『OPENING CEREMONY』が初めてのタッグ。これまでにユニセックスなアイテムを作らなかったデザイナー「久保嘉男」氏が、今回のコラボレーションで作り上げた初“ジェンダレス”なコレクション「yoshio kubo | OPENING CEREMONY」、そしてそのインスピレーション源について語った。

—今回のコラボレーションが決まった経緯を教えてください。
もともと、僕のブランド〈yoshio kubo〉が、『OPENING CEREMONY』で取り扱いがあったということもあり、コラボレーションのお話を受けました。ただ、これまでに“ユニセックス”というくくりで服作りをしていなかったので、そのようなテイストで製作するのはこれが初めてになります。

—“FIVE RINGS TRAVEL”というテーマはどのように決めたのでしょうか?
“OPENING CEREMONY”が開会式を意味しますよね。それを考えていたときに自分自身もスポーツミックスの服を作っていたので、オリンピックをテーマにしたものができればおもしろいなと思ったんです。それで、“五輪”、つまり英語で“FIVE RINGS”というネーミングを選びました。そして、これまでにオリンピック会場になった場所をピックアップしてコレクションを展開しようと決めました。オリンピックは夏季、冬季なので、ちょうどファッションと同じようなシーズン性もありますし、すごくうまくフィットしたと思います。あと、キャッチコピーも僕にとってすごく重要な要素なので、“FIVE RINGS TRAVEL”の響きも気に入っています。

—それで今回は、カナダで1988年に開催された「カルガリーオリンピック」がテーマなんですね。
はい、カルガリーをデビューコレクションにはピックアップしました。雪の降らないジャマイカチームが初参加したボブスレーも話題になりましたよね。その映画(『クールランニング』)もすごく好きで。「カルガリーオリンピック」は、いろいろと思い出に残っているものでもあり、キャッチーでもあるので、ファーストコレクションに相応しいと思います。

—「yoshio kubo |OPENING CEREMONY」が、いい意味で意外性のあるコラボレーションだと思いました。初となる“ジェンダレス”なアイテムを手がけたときに、クリエーションのプロセスの中で葛藤しましたか?
そうですね、僕はメンズの〈yoshio kubo〉とレディスの〈muller of yoshiokubo〉をきちんと分けて展開しているので、そういう意味ではすごく考えました。例えば、僕は『SEX and the CITY』の世界観がすごく好きで、ドレスを着てヒールを履いて……というような女性にしかできないこと、それを〈muller of yoshiokubo〉ではできたらと思って作っていましたので。ですので、今回は、女性が男性のファッションで理解できないこと、男性が女性のファッションで理解できないこと、そして両性が理解できること。それらをうまく混ぜ込んで、今までやったことのないアプローチで挑戦しました。

—アイテムだと、どのようなものに一番反映されていますか?
女性と男性が履きたいと思うタックパンツを作ってみたり、スカートでもボタンを外すとショートパンツになるなど、工夫しました。ジャージのセットアップもかっこいいと思いますよ。シンプルなアプローチでゴテゴテなデザインにしなかったので、取り入れやすいはずです。

—その中でもこだわりのアイテムは?
僕、いつもフードにはすごくこだわるんですよ。フードって、必要ないんじゃないの? って思うものに付いていたりすることがあるけど、付いていますよね(笑)。僕はフードを落としていても、その形をキープできるようにしています。顔まわりも、顔が隠れるか隠れないかの絶妙なところで調整しています。〈muller of yoshiokubo〉でもメンズのカッティングを参考にしたりしているのですが、それを今回、コラボレーション用にフードに落とし込んでみました。少しオーバーサイズ気味に着るのがオススメですね。

—『OPENING CEREMONY』と一緒に仕事をしてどうでしたか?
いろんな意味で勉強になることは多かったですね。ただ、自身のもつ“色”や“テイスト”もきちんと出せるようにしたので、とてもいいコレクションになっていると思います。カッティングエッジな『OPENING CEREMONY』と一緒に仕事ができたのは、本当に嬉しいことです。

—今後の予定に関して、なにかあれば教えてください。
まだお話しできませんが、さまざまなプロジェクトは今、進めている最中です。楽しみにしていてください!


2015年9月19日(土)より、『OPENING CEREMONY OMOTESANDO』にて先行発売される「yoshio kubo | OPENING CEREMONY」のコレクションルックは、こちら

Read Full Article

次の記事を読む

OPENING CEREMONY が Dickies とのコラボコレクションをリリース
ファッション

OPENING CEREMONY が Dickies とのコラボコレクションをリリース

〈Dickies〉のクラシックなワークウェアに『OPENING CEREMONY』らしい遊び心をプラス

OPENING CEREMONY 2022年秋冬コレクション
ファッション

OPENING CEREMONY 2022年秋冬コレクション

“食”をテーマにした本コレクションには、中華レストランをイメージしたセットアップや、“GLUTEN FREE、NO MILK、CARB FREE”と刺繍されたスウェットとTシャツ、〈Dickies〉とのコラボアイテムがラインアップ

Interviews: NIGO®️ が KENZO をモダンに昇華させた芸術性とビジョンに触れる
ファッション 

Interviews: NIGO®️ が KENZO をモダンに昇華させた芸術性とビジョンに触れる

高田賢三が構築したラグジュアリー・メゾンを斬新な切り口でリファインした手腕を紐解く


Interviews: 好奇心を形にするシンガーソングライター 甲田まひるが語る最新曲『夢うらら』について
ミュージック 

Interviews: 好奇心を形にするシンガーソングライター 甲田まひるが語る最新曲『夢うらら』について

ジャズピアニストからシンガーソングライターへと変貌を遂げた甲田氏が今抱く“夢”とは

Aēsop 南青山店がオープン
ファッション

Aēsop 南青山店がオープン

関東で7店舗目となる直営店

Air Jordan 6 Retro Low “Insignia Blue”
フットウエア

Air Jordan 6 Retro Low “Insignia Blue”

2002年に登場した「Air Jordan 6」のロートップモデルからクリーンな新色が登場

Dr. Woo x Modernica グラスファイバーサイドチェア
デザイン

Dr. Woo x Modernica グラスファイバーサイドチェア

世界一のタトゥーアーティストの骨格が描かれたプレミアムな逸品

Young Thug “Best Friend” ミュージックビデオ
ミュージック

Young Thug “Best Friend” ミュージックビデオ

“Slime Season”が未だリリースされないなか、最新のMVが公開

Kate Upton や Miranda Kerr などのセクシー美女たちが登場する『V Magazine』最新号
アート

Kate Upton や Miranda Kerr などのセクシー美女たちが登場する『V Magazine』最新号

白のレースやダイヤモンド、ファーを纏ったラグジュアリーかつセクシーなスタイルを披露


NILøS 2015 Fall/Winter ルックブック
ファッション

NILøS 2015 Fall/Winter ルックブック

コンセプトは、“個の概念における、主義思想の無い状態。又はその境界線”

Reebok CLASSIC × atmos VENTILATOR CN
フットウエア

Reebok CLASSIC × atmos VENTILATOR CN

“Tokyo”をコンセプトにし、華やかで彩りのある大都市”東京”からインスパイアされたデザイン

Acne Studios プレミアムなレザーグッズコレクションを展開
ファッション

Acne Studios プレミアムなレザーグッズコレクションを展開

ラグジュアリーかつ洗練されたスモールレザーグッズ

OLOW 2015 Fall/Winter “Bai Des Fumées” ルックブック
ファッション

OLOW 2015 Fall/Winter “Bai Des Fumées” ルックブック

フランスから届いたシンプルで詩的な世界観

ACRONYM 2015 Fall/Winter コレクション
ファッション

ACRONYM 2015 Fall/Winter コレクション

圧巻の機能性を備えた「Errolson Hugh」の最新コレクション

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続