Interviews: LAROSE PARIS の Isaac Larose に聞く、ブランドのこれまでと帽子へのこだわり

ブランドのメンバーの一人「Isaac Larose」が来日

4,263 Hypes

今や世界的に人気を集める若手のヘッドウエアブランド〈LAROSE PARIS〉。有名セレクトショップで取り扱いがあるほか、その洗練された美しいデザインの虜になるファンが多い。今回、そのブランドのメンバーの一人「Isaac Larose」が来日。〈LAROSE PARIS〉のこれまでと帽子に対する想い、そして日本人デザイナーとのコラボレーションなどについて話を伺った。

—まず、バックグラウンドを教えてください。
僕は、カナダのモントリオール在住のフレンチ・カナディアン。昔はスケートショップで働いていて、パーティのオーガナイズもしていたんだ。今もしているけどね。もともと経営学専攻で、1セッションだけフランスに留学することにしたんだ。そこで僕が初めて会ったのが、今ブランドを一緒にやっているパートナーの「Marc Beaugé」。 その後、彼から連絡があって、「君、ブランドやりなよ」って言われて、そのままやることにしちゃったんだ。カナダに戻って学校も終わらせなきゃいけなかったのに、バカな決断だったよね(笑)。でも、学生だった僕は学校以外で過ごす時間を持て余していたし、確かに何か夢中になりたかったんだ。それで彼とミーティングをしたら、僕らのコンセプトは全く一緒で、“帽子を作りたい”ってこと。それも、上質な素材を使ってスーツスタイルにも合わせられるようなメイドインフランスの帽子。それから実際、フランスで生産場所を見つけてスタートしたんだよ。最初は、フランス国内4店舗くらいでの取り扱いが目標だったのだけど、フタを開けてみたらデビューシーズンで10カ国30店舗っていう取引先にまで広がって、全く予想外だったよ。

—なぜ帽子というアイテムを選んだのですか?
メンズの日常アイテムだと思ったし、僕自身も毎日身に付けるものだからかな。5パネル、ジェットキャップも人気だし好きだけど、もっと大人っぽいものも欲しいと思っていたんだ。お店を見ても渋いものしか見当たらなくて、落ち着いているけどもっと若いタッチのある帽子が作ることができたらと思ったんだよ。

—アパレルという選択肢はなかった?
僕は、ファッションスタイリングは好きだけどファッションデザイナーではないし、服はアイテムが多すぎる。アパレルは、はじめるにはちょっと無理があると思ったんだ。抱えきれないほどのことをやるより、本当に作りたいものに集中すべきだと思ったからね。

—最初に作ったピースを教えてください。
5パネルだよ。僕らなりにこだわったんだ。ブリムを少し小さくしたり、芯のプラスチックを普通より柔らかくしたり、ストラップやバックルのデザインの細かいところに違いをつけたかな。

—最新のコレクションに関して教えてください。“Noir”コレクションを作った理由は?
本当は、黒を作りたくはなかったんだ。僕のパートナーは絶対に黒を着ないしね。すごいフランス人っぽいだろ?(笑) だいたい、いつもネイビーかグレー。それで暗めのベーシックな色を考えたときに、黒の経年変化ってあまり上品じゃないなあって。色あせてくたびれた感じ。悪くないんだけど、ネイビーの方が、もっとシックな変色の仕方をすると思うんだ。それと、どんなシチュエーションにも合う。黒って冠婚葬祭のイメージがあって、すごくハッピーでフォーマルな場面か、厳粛な雰囲気の場合の両極端な印象があって、黒を作るのはしばらく避けていたんだ。それから3年が経って、ようやくブランドのイメージがネイビーに定着してきたと思う今、今度はそのスペシャルな装いに合わせるための黒っていう、ブランドの違った角度を見せたいと思って作ることに決めた。実際には、すごく気に入っているよ。特別なときに身に付ける黒っていうのもワクワクするんだ。

—あなたにとって帽子とは?
難しいね(笑)。そうだな、とても強い自己表現だと思うよ。被っていたら隠す場所なんてないし、顔の真上にあるものだからね。それと、移動が多い僕にとっては、機能的だという理由でも必要なものだよ。日差しとか雨とか。歴史的にはもっとシンボリックなものでもあったと思うけどね。僕にとっては携行品でもあるかな。

—ブランドのインスピレーション源は何ですか?
シーズンテーマとか、大げさなものは掲げたりしていないんだ。インスピレーションといっても、アートや時代とかではなく、今は素材自体にこだわっているね。シーズンごとにイタリアの素材だったり、日本の素材だったり、フランスの素材だったり。ブランド初期には日本の素材をよく使ったよ。

—〈White Mountaineering〉や〈Green Fingers〉をはじめ、日本のアーティストやブランドとコラボレーションをしていますが、これはどのようにアプローチしたのでしょうか?
メインラインではタイムレスなクラシックピースにフォーカスしているんだけど、コラボレーションでは、おもしろいことやっている人たちと、もっと遊んだアイテムを作っているんだ。そうやってブランドに幅が生まれると思うしね。例えば〈Green Fingers〉とのコラボレーションだけど、“Larose”というのは僕の母方の苗字なんだ。そして母は花屋をやっていたから、僕は昔からボタニカルなものにはすごく親しみがあるんだよね。でも、そのボタニカルなイメージをメインコレクションのアイテムで推そうとは思っていない。だけど、コラボレーションという形でやることで、ブランドの軸はそのままに、表現の幅を広げられるよね? もともと「川本愉」さんがNYに ショップを出す前から彼のファンで、NYに出店するって聞いたから連絡したことがきっかけだよ。展示会で植物のアレンジメントをしてほしくてね。それで返事を待っていた2日後、〈NEPENTHES〉の展示会で会って、共通の友人がたくさんいることがわかったんだ。それもあって、すぐコラボレーションが決まったよ。

—ところで、日本は初めてですか?
4年前に観光できたことがあるけれど、仕事では初めて。そのときは、1週間の予定だったんだけど、楽しすぎでフライトをキャンセルして2週間延長したんだ(笑)。東京、大阪、京都、奈良を回ったよ。本当にいいところだよね。みんな優しいし、食べ物がすごく美味しい。トラディショナルな食べ物ももちろん素晴らしいし、日本はいろんな国の食文化をアレンジして仕上げるのがすごく上手いと思うよ。

—今後のブランドとしての展開は?
今後も引き続き、帽子にフォーカスしていると思うよ。でも、さまざまな型や素材を試して作っていきたい。ポップアップショップベースでいろいろな場所に出店もする予定だよ。直営店は今の所考えていないんだ。直営店にはものすごくこだわりと労力が必要だからね。しばらくは、小さいチームで動いているから僕が頻繁に移動もできるし、経営が柔軟でいられるっていうのを強みにして動いていくと思うよ。

Read Full Article

次の記事を読む

Interviews: 東京ローカルからグリルカルチャーを発信する GRILLZ JEWELZ 秋山哲哉の軌跡
ファッション 

Interviews: 東京ローカルからグリルカルチャーを発信する GRILLZ JEWELZ 秋山哲哉の軌跡

国内外のラッパーから絶大な支持を得る秋山氏が語るグリルカルチャーの魅力

Interviews: sacai デザイナー 阿部千登勢に訊くCartier との出会いによって誕生した限定ジュエリーコレクションについて
ファッション 

Interviews: sacai デザイナー 阿部千登勢に訊くCartier との出会いによって誕生した限定ジュエリーコレクションについて

阿部千登勢にとって思い入れのある〈Cartier〉のアイコン Trinityを再構築した限定コレクションの成り立ちに迫る

Interviews: 野村訓市 x アンドリュー・リチャードソン特別対談
ファッション 

Interviews: 野村訓市 x アンドリュー・リチャードソン特別対談

20年来の友人である両者のスペシャルインタビュー


Interviews: 河村康輔のクリエイティブ・ディレクター就任で UNIQLO UT は何が変わる?
ファッション 

Interviews: 河村康輔のクリエイティブ・ディレクター就任で UNIQLO UT は何が変わる?

ボディの素材やシルエットの進化にもトライしたという新生〈UT〉は期待大

black crows のポップアップストアが the POOL aoyama で開催
ファッション

black crows のポップアップストアが the POOL aoyama で開催

〈black crows〉が新たなステージとして立ち上げたアパレルコレクション“the corpus”をお披露目

RSVP Gallery x OAMC 2015 Fall "Change" T-Shirt
ファッション

RSVP Gallery x OAMC 2015 Fall "Change" T-Shirt

人気ストアとブランドがコラボした、メッセージTシャツ

KITH x Beats By Dre Studio のワイヤレスヘッドフォン “City Never Sleeps”
テック

KITH x Beats By Dre Studio のワイヤレスヘッドフォン “City Never Sleeps”

NYのスカイラインカラーで仕上げられたもう一つのコラボアイテム

Léa Seydoux が US版『Rolling Stone』誌に登場
ファッション

Léa Seydoux が US版『Rolling Stone』誌に登場

〈Supreme〉のボックスロゴ入りクルーネックを着用

nonnative 2015 Fall/Winter ダッフルコート
ファッション

nonnative 2015 Fall/Winter ダッフルコート

ブラックとベージュの2色展開


INVINCIBLE x adidas Consortium Superstar 80v "Black"
フットウエア

INVINCIBLE x adidas Consortium Superstar 80v "Black"

台湾の先住民にインスパイアされたエクスクルーシブモデル

Reebok Instapump Fury OG "Camo" パック
フットウエア

Reebok Instapump Fury OG "Camo" パック

ハイテクのスニーカーの代名詞をカモフラージュパターンでアップデート

HYPEBEAST x Human Made 10th Anniversary ティーザー
ファッション

HYPEBEAST x Human Made 10th Anniversary ティーザー

設立10周年を祝うコラボレーションシリーズ第2弾

BOSTON CLUB 2015 Fall/Winter ルックブック
ファッション

BOSTON CLUB 2015 Fall/Winter ルックブック

ヴィンテージライクなルーズでクラシカルなスタイルを現代的に提案

Toshio Maeda for Supreme インタビュー動画
ファッション

Toshio Maeda for Supreme インタビュー動画

今回のコラボレーション相手である日本の漫画家「前田俊夫」氏にインタビュー

More ▾
 
ニュースレターを購読する

インタビューや トレンド情報、その他限定コンテンツが満載。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

広告ブロックツールを使用されているようです

読者に無料で提供する代わりに広告収入を得ています。このサイトをホワイトリストに追加していただけると幸いです

ホワイトリストに追加

ホワイトリストへの追加方法

screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlockのアイコンをクリック
  2. Pause on this site”の下にある“Always”をクリック.
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlock Plusのアイコンをクリック
  2. Block ads on – This website”のスイッチをオフにするとブルーからグレーに切り替わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるAdBlocker Ultimateのアイコンをクリック
  2. スイッチをオフにして“Enabled on this site”から“Disabled on this site”に切り替える
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるGhosteryのアイコンをクリック
  2. 下の“Ad-Blocking”ボタンをクリックすると、色がグレーに変化して上のテキストが“ON”から“OFF”に変わります
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにあるUBlock Originのアイコンをクリック
  2. トップにあるブルーの電源アイコンをクリック
  3. 色がグレーに変わったら、横に出る更新アイコンをクリックするか下のボタンをクリックして継続
screenshot
  1. 右上のブラウザー拡張エリアにある広告ブロックツールのアイコンをクリック
  2. 閲覧中のサイトで広告ブロックツールを無効にするための手順に従ってください
  3. ページを更新するか、下のボタンをクリックして継続