Nujabes 悲願の Joe Claussell とのコラボレーションを実現するプロジェクトが発足

独自の音楽感に基づく流麗華麗な楽曲を作り上げ、日本のジャズ・ヒップホップシーンを切り開き、その礎を作った「Nujabes」。交通事故で逝去し、今年2月に5周忌を迎える節目に、悲願のコラボレーションを実

ミュージック
1,021 Hypes

独自の音楽感に基づく流麗華麗な楽曲を作り上げ、日本のジャズ・ヒップホップシーンを切り開き、その礎を作った「Nujabes」。交通事故で逝去し、今年2月に5周忌を迎える節目に、悲願のコラボレーションを実現するクラウドファンディングプロジェトが発足した。

同アーティストが設立したインディペンデントレーベル『Hydeout Productions』には「Joe Claussell」率いる『Mental Remedy』を意識し作曲された美しいハウストラックが残っている。同プロジェクトはNujabesが生前に適わなかった敬愛するアーティストとの共同制作を実現しようという趣旨だ。プロジェクトの目標金額に達した場合、未発表音源を送りJoe Claussellが率いるミュージシャンとの生演奏リミックスの制作を依頼。アンサーリミックスという形でNujabesの想いとメロディを鮮やかに蘇らせる。

支援者にはミックスCD、データ、レコードといった様々な形で届けられることとなり、サポートコースによってはプロジェクトに賛同した〈BEDWIN & THE HEARTBREAKERS〉製作によるコラボレーションTシャツも用意される。詳細はコチラからご確認を。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。