世界中がブラジルにくぎづけ: 2014 FIFA ワールドカップ

サッカー大国での開催ということもあり、例年以上に世界中の熱い視線が注がれている世界最大のスポーツの祭典のひとつ、ワールドカップ。1か月以上に及ぶゲームの数々とその興奮への期待に向けて開催国ブラジルとヨ

スポーツ 
449 Hypes

サッカー大国での開催ということもあり、例年以上に世界中の熱い視線が注がれている世界最大のスポーツの祭典のひとつ、ワールドカップ。1か月以上に及ぶゲームの数々とその興奮への期待に向けて開催国ブラジルとヨーロッパのクロアチアとの好ゲームで幕を開けた。

HYPEBEASTはサッカーに情熱を傾けるブラジル、メキシコ、日本、英国などの国々の文化的ソートリーダーとコンテンツ制作者から成る11人のグループをFIFAワールドカップに派遣し、ファンの最も決定的な瞬間をビデオや写真のコンテンツとして発信するファンバサダープログラムの一貫で、開幕戦である主催国ブラジル−クロアチア戦の観戦の機会を得、『Visa』の提供でバックステージでの取材も可能となった。初戦では審判の決定に物言いがつくなかでブラジル人でバルセロナのスーパースター、ネイマールが決定打をつくり、2ゴールを奪った。数日後、また異なるスタイルとなるコートジボワール-日本戦を観戦。前半戦でコートジボワールが身体的にフィールドを支配していたが、本田 圭佑が鮮烈な先制ゴールを奪った。しかし、試合の経過とともに、サムライブルーは疲れ始め、後半のディディエ・ドログバの交代によりゲームが変わった。キャリアの終盤に近づきつつあるにもかかわらず、ベテランのドログバはゲームを急速に展開させ、2ゴールを噴出させた。

HYPEBEASTはワールドカップへの道を伝えつづける。ぜひ、当サイトとインスタグラムでの更新をお楽しみに。

Read Full Article
 
ニュースレターに登録して、“最新情報”を見逃さないようにしよう。

購読ボタンをクリックすることにより本サイトの利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。